欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

EURO延期はイングランドに追い風?
ケイン復帰とマウントら逸材の台頭。

posted2020/04/22 11:30

 
EURO延期はイングランドに追い風?ケイン復帰とマウントら逸材の台頭。<Number Web> photograph by Getty Images

チェルシーで日々実力をつけているメイソン・マウント。“EURO2021”での躍動を見たい。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 世の中が正常に機能していれば、きっといまごろヨーロッパ選手権の話題で盛り上がっていたに違いない。

「優勝候補筆頭はスペインだ」

「タレント揃いのオランダこそ注目に値する」

「イタリアの復活に期待したい」

 サッカーファンの熱い議論でスポーツパブが賑わう。ありふれた日常が1日も早く戻ることを、切に願う今日この頃だ。

 さて、ヨーロッパ選手権は1年延期になったが、イングランド代表にとっては大きなプラスと考えられている。なぜなら、大黒柱でキャプテンのハリー・ケインが、心おきなく参戦できる可能性が高くなったからだ。

 1月1日のサウサンプトン戦で左ハムストリングに裂傷を負った。3カ月以上が過ぎたいまも復活の目処は立っていないが、来年7月ならピッチに立っているはずだ。

 マーカス・ラッシュフォードも戻ってくる。腰椎の疲労骨折により、彼もまたヨーロッパ選手権の出場が危ぶまれていた。しかし、大会の延期によってコンディションを整える時間が与えられた22歳のアタッカーは、トップフォームで本大会に臨めるだろう。

デヘアから定位置を奪える23歳。

 彼以外にも、イングランド代表は期待の若手が目白押しだ。

 GKはディーン・ヘンダーソンだ。アリソン、カスパー・シュマイケルと並んで今シーズン10回(最多はニック・ポープの11回)のクリーンシートを達成し、所属するシェフィールド・ユナイテッドの上位進出に貢献している。

 派手なセーブこそ少ないものの、それはポジショニングがしっかりしている証だ。安定感ではジョーダン・ピックフォードを上回っているため、いつイングランド代表の正GKに起用されても不思議ではない。

 また、保有権を持つマンチェスター・ユナイテッドが今シーズン限りでシェフィールドへのローンを打ち切り、来シーズンからダビド・デヘアに代わる正GKとして23歳のヘンダーソンを起用する、との噂も囁かれはじめた。直近のパフォーマンスを踏まえると、悪くない入れ替えである。

【次ページ】 右SBはアーノルド&ビサカの豪華さ。

1 2 3 4 NEXT
ハリー・ケイン
メイソン・マウント
トレント・アレクサンダー・アーノルド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ