マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2020年の高校No.1捕手では?
日大藤沢・牧原巧汰、打も肩も◎。

posted2020/04/24 11:30

 
2020年の高校No.1捕手では?日大藤沢・牧原巧汰、打も肩も◎。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

日大藤沢高校の牧原巧汰は先の見えない夏に向けてどんな準備をしているのだろうか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「コロナ」の勢い一向に衰えず、その県大会もすでに中止が報じられているが、そんな中でも、もし状況が戻ったらどうするか……思いはいつもそちらの方に向いている。

「解禁」になったら、真っ先にグラウンドへ行ってみたい。そう考えて、今から楽しみにしている高校球児がいる。

 日大藤沢高の強肩・強打の捕手・牧原巧汰(3年・174cm78kg・右投左打)だ。

 野球雑誌『ホームラン』の取材で、今年の1月下旬にグラウンドにおじゃまして、そのプレーを見せていただいて、話も聞いている。

「センバツ特集号」の中の「惜しくもセンバツを逃した逸材たち」という企画の取材だった。

 類いまれな素質の片鱗は見せてくれたが、まだ冬場だったこともあって、その「全容」を目の当たりにすることができなかった。

 本人が「うん!」と言えば、今年のドラフトを賑わせる注目の捕手だけに、暖かくなってエンジン全開になった時の「牧原」をとても楽しみにしていたものだった。

森友哉の高校時代がピタリと重なる。

 日大藤沢高の捕手・牧原巧汰には、初めて見た昨年の春から、「森友哉」の高校当時がピタリと重なる。 

 今は西武のレギュラーマスクを務める強打の左打ちの捕手。背格好や豪快かつ合理的なスイングまで、大阪桐蔭高の頃の森が思い出される。

 左ヒジを張ってグリップを肩より高い位置で構えた姿で、「お、森だ!」と心が騒いだ。

 練習試合に来ていた相手の東海大相模・野口裕斗も、緩急の巧みな左腕の好投手だ。春先、4月前半、まだこの時期には当たりたくないタイプの投手だろう。

 それでも、追い込まれたあとのファールが3球ともフルスイング。その次の内角スライダー、難しいボールにとっさに右ヒジを抜く絶妙のバットコントロールで、一塁手の右足横をあっという間に痛烈なゴロが抜けていく。

 さらに、そのあとの打席だ。

 フルカウントから、もうストライクしか来ない! とばかりに決然と振り抜いた打球が、ライトポール上空を切れながらもぐんぐん高度を上げていったから驚いた。

【次ページ】 1年秋まではホームラン0だったが……。

1 2 3 4 NEXT
牧原巧汰
日大藤沢高校
森友哉

高校野球の前後のコラム

ページトップ