オリンピックPRESSBACK NUMBER

ハンド界期待の部井久アダム勇樹。
石川祐希に倣う欧州移籍と急成長。

posted2020/04/21 11:00

 
ハンド界期待の部井久アダム勇樹。石川祐希に倣う欧州移籍と急成長。<Number Web> photograph by AFLO

パキスタン人の父を持つ部井久アダム勇樹。博多高校時代から日本代表に選出されるなど、ハンドボール界の期待の星だ。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

AFLO

 ハンドボール男子日本代表は、開催国として8大会ぶりに東京五輪に出場する。

 大会は延期となったが、そこで中心選手として活躍を期待されるのが、部井久アダム勇樹だ。

 2017年高校3年時、史上初めて高校生でハンドボール男子日本代表入り。代表デビュー戦となった同年7月の日韓定期戦で積極的なシュートを連発し、スタンドを沸かせた。

 高校卒業後は世界で戦えるプレーヤーになるため、中央大学に在籍しながら、ハンドボール世界最強リーグと言われるフランス1部のセッソン・レンヌと契約し、2018年7月にヨーロッパへ渡った。昨年からは同チームの4部相当のN2リーグでプレーし、直近ではフランス2部のサラン・ロワレでプレーしている。

高校卒業後、欧州への移籍を希望。

 部井久がハンドボールを始めたきっかけは小学5年生のとき。「福岡県タレント発掘事業」で才能を見出され、中学から本格的に競技を始めた。その後、めきめき頭角を現し、高校2年時にはアジア・ユース選手権準優勝に貢献。3年時には全国高校総体8強入りし、フル代表まで登りつめた。

 身長195cmから繰り出す豪快なシュートや身体能力の高さは大きな武器だ。高校卒業時にはその才能と能力が評価され、多くの大学から声がかかった。

 現在、部井久が在籍する中央大ハンドボール部監督・実方智も部井久のポテンシャルを感じた1人だった。

「部井久本人は当初、高校卒業後は大学に行かずに、ヨーロッパのチームに行くと言っていたようで、博多高の林圭介監督をかなり悩ませていましたね。その時に林さんから相談がありまして、なんとか大学に在籍しながらヨーロッパでプレーすることはできないものか、と」

 そんな時、実方の頭に真っ先に思い浮かんだのが、当時、中央大に在籍していたバレーボール男子日本代表のエース石川祐希の海外挑戦だった。

【次ページ】 大学1年でイタリアへ渡った石川祐希。

1 2 3 4 NEXT
部井久アダム勇樹
博多高校
中央大学
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ