プロ野球亭日乗BACK NUMBER

王貞治氏の提案で待望論再燃も……。
沖縄本拠地では「16球団」は難しい。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/04/17 20:00

王貞治氏の提案で待望論再燃も……。沖縄本拠地では「16球団」は難しい。<Number Web> photograph by KYODO

昨年、沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」が誕生した。清水直行監督(左)と入団が決まった元ヤクルトの比屋根渉。

政治的、経済的に利用される危惧。

 風雨に関してはドーム球場を作るなどで、多少は回避できる部分もあるかもしれないが、それでも台風が直撃すれば安全上の問題もあり試合開催は難しいだろう。

 そして移動の問題……。沖縄を本拠地にする難しさは、日程を編成する各球団の営業担当者の間では常識なのである。

 もちろんエクスパンション自体を否定するつもりはない。

 王会長が説いた16球団への拡張の必要性も理解できる。またブルーオーシャンズを筆頭に沖縄にNPB球団を誘致する、作ることを目ざして活動することを頭ごなしに否定するつもりもない。

 ただその一方で、だからこそ逆に、王会長の発言に乗った形で安易に煽り立てたくない。

 王会長の野球の将来を思った発言が、政治的、経済的に利用されかねないことを危惧するのである。だからこそこれから出てくる様々な意見の判断材料を提示するために、この原稿を書いた。

 日程編成など大した障害でないと思うかもしれないが、プロ野球が興行である以上は、最も基礎的な重要事項の1つである。

 真剣に沖縄にプロ野球の誘致を考えるならば、この問題を完璧にクリアできる論理が求められるはずなのである。

 逆に言えば台風問題に何の解決策も示さないままに、沖縄をプロ野球の本拠地候補地として挙げている意見は“本気”ではないのではないか、何か裏があるのではないか、と疑ってかからなければならないということである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
王貞治
福岡ソフトバンクホークス
田尾安志
琉球ブルーオーシャンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ