プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

獣神サンダー・ライガー爆誕秘話!
藤原喜明、船木誠勝らと運命の出会い。

posted2020/04/24 19:00

 
獣神サンダー・ライガー爆誕秘話!藤原喜明、船木誠勝らと運命の出会い。<Number Web> photograph by Essei Hara

アントニオ猪木に可愛がられたデビュー当時の山田恵一。タッグチームとして戦うこともあった。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 獣神サンダー・ライガーがWWEの殿堂入りを果たした。本来であれば、盛大なセレモニーが4月2日に開催されるはずだったが、新型コロナ禍により延期になってしまった。しかし、その栄光に一片の曇りもあるはずがなく――。4月24日は獣神サンダー・ライガーがリアルな世界で初めて戦った日、つまりデビュー戦の日だ。その記念すべき日から4日連続で、知られざる『ライガー伝説』を綴った短期集中連載をお送りする。

 実は、筆者の中では「獣神サンダー・ライガー」と「山田恵一」に境目がない。“ライガー”と呼んだ期間の方が長いのであるが、ライガーと口にしながら、山田の顔が浮かんでいることがよくあるのだ。それは、こちら側の勝手な思い込みにしか過ぎないのだけれど――。

 新日本プロレス入団前の山田はプロレスラーになりたがってはいたが、体のサイズが当時の新日の入門規定に満たなかった。階級制のあるメキシコなら自分でもプロレスラーになれると思った山田は1983年、単身メキシコに渡る。どうやら、その昔メキシコに渡ってプロレスラーになっていた同じような境遇の「マッハ隼人(カブキ、トーキョー・ジョー)」という選手を参考にしたようだった。

 メキシコで“エンプレッサ”と呼ばれていた団体EMLL(現CMLL)系のトレーニング・ジムで山田は“ルチャドール”になることを目指して練習を始めた。この選択は良い結果を導くことになった。

“小さな巨人”グラン浜田と会うことができたからだ。

メキシコでの運命の出会いとマス釣り。

 浜田は1972年の新日本プロレス旗揚げから、浜田広秋(リトル浜田)として戦っていたが、1975年メキシコに旅立ち、そのキレのいいファイトで現地においてブレイクしていた。UWAのミドル級のチャンピオンにもなっていて、1978年からは新日本プロレスのシリーズにも凱旋してペロ・アグアヨらと好勝負を見せるほどの活躍を見せていた。

 浜田は、山田が「オレにもできるのではないか」と思ったマッハ隼人よりメキシコで実績を残した男だ。メキシコ中のプロモーターから引っ張りだこで、日曜日には3、4試合をこなすほどの人気レスラーだった。

 山田はメキシコシティの旅行会社で働いていた人の紹介で、浜田と会うことができたそうだ。当時、シティを東西に横断する大通りパセオ・デ・ラ・レフォルマに面した高層アパートの15階にあった浜田の家では、よく麻雀大会が行われていて、その旅行会社の社員もそのメンバーだったという幸運があった。

 山田はそこで浜田と会って、彼が大好きだというマス釣りに誘われる。早起きしてはいそいそと湖に出かけていく浜田と一緒に、山田は釣り糸を垂らすことになった。

【次ページ】 グラン浜田と山本小鉄との出会いで「裏口入学」。

1 2 3 4 NEXT
獣神サンダー・ライガー
藤原喜明
船木誠勝
橋本真也
グラン浜田
山本小鉄
アントニオ猪木
新日本プロレス
マッハ隼人
山田恵一

プロレスの前後のコラム

ページトップ