奥川恭伸の名言 

今日の名言 

もう、どうにもならなかった。どこに何を投げたらいいんだろう、って。

奥川恭伸(高校野球)

2020/04/16

どんなときでも笑顔を絶やさない星稜高校のエースは、甲子園決勝を前にしても「ボーナスゲーム」とリラックスしていた。だが、高校生活最後の大舞台では本来の姿を見せることができなかった。今にして思えば「倒れるくらい」と延長14回165球を投げ抜き、23三振を奪った智弁和歌山戦のピッチングがピークだったのかもしれない。試合後、経験した者にしか分かりえない感覚を言葉に残した奥川。甲子園での敗戦を糧にプロの世界で光り輝けるか。また“空っぽ”になるような熱のある投球を期待したい。

Number985号(2019/08/29)

久保建英18歳の冒険。

Sports Graphic Number 985

久保建英18歳の冒険。

 

人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ