リオ五輪PRESSBACK NUMBER

フェルプス、メダル28個を勲章に去る。
“後継者”萩野に託したメッセージ。

posted2016/08/15 16:00

 
フェルプス、メダル28個を勲章に去る。“後継者”萩野に託したメッセージ。<Number Web> photograph by JMPA

競泳界のスーパースターであるフェルプス。リオ五輪でも、五輪競泳史上初となる同一種目の4連覇達成(200m個人メドレー)など数々の偉業を達成した。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 2000年代から今日にかけて競泳界に君臨し続けて、オリンピックの歴史に名を刻んだスーパースターが、プールから去った。

 オリンピックは、それぞれの大会にスーパースターと言ってさしつかえない選手がいて、大会に彩りを添える。

 今大会にも世界中が注目するアスリートたちがいる。その1人に、競泳のマイケル・フェルプスがいた。

 8月7日に幕を開け、13日に終了した競泳において、日を重ねるにつれ、フェルプスへの熱狂は増していった。

 競技後半になると、フェルプスの出場するレースの前には手拍子が起こるようになった。場内の大画面に大きなヘッドホンをつけて、フードをかぶって招集所に向かう姿が、招集所でスマートフォンを操作している姿が映し出されると、それだけで歓声が沸き起こった。

 そしてアナウンスとともに姿を見せれば、歓声は地鳴りのようにボリュームを上げた。

コーチからは“まさかフェルプスが来るとは”の声が。

 今大会を前に、18個の金メダルを含む計22個のメダルを手にしていたフェルプスは、リオで金5、銀1を加え、金23、銀3、銅2の計28個に増やした。それは五輪史上最多記録の更新でもあった。

 その泳ぎは圧巻というほかなかった。

 何よりも強烈な印象を与え、大会の主役の座を奪ったのは、今大会の個人種目で最初の金メダルとなった200mバタフライの決勝だった。

 フェルプスに次ぐ2位に入り、銀メダルを獲得した坂井聖人を指導する奥野景介コーチは、いみじくも語っていた。

「フェルプスのことは、まったくマークしていませんでした」

 まさか、来るとは……。そんなニュアンスがにじみ出ていた。

【次ページ】 全盛期が過ぎ去ったはずの“水の怪物”の鮮烈な泳ぎ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マイケル・フェルプス
萩野公介
坂井聖人
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ