Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<比類なきハングリーキング>
王貞治「1000本いけた、という思いもある」

posted2020/04/06 08:00

 
<比類なきハングリーキング>王貞治「1000本いけた、という思いもある」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

日本一になったのは、33歳のときだった。世界一になったのは、37歳のときだった。

それからおよそ3年と1カ月もの間、成し遂げた偉業を振り返ることもなく孤独なひとり旅と向き合い続けた先に868本という空前絶後の記録は生まれた。

選手として、監督として、会長として、どんな立場でもトップを追い求めてきた世界のホームラン王の名は、今もあらゆる記録の頂点に燦然と輝いている。

己と戦い、ナンバーワンを生きた男が明かす、執念にも似た本塁打へのこだわりと「1」という数字に対するプライド、その哲学を支える遠い血の源流。そして、80歳を目前にしてもなお胸の奥に抱えているという後悔とは。(Number1000号掲載)

 会長室の重々しいドアがガチャリと開いて王貞治が現れた。背筋がピンとなる。

 これほどナンバーワンが似合う人はそうはいない。何しろ明快だ。868本。誰よりもホームランを打った。世界記録を塗り替えた。数字を当てはめるなら「1」以外にないのだ。世界のホームラン王—。

 ただその揺るぎないパブリックイメージと本人の内心とはかなりギャップがある。

「ホームランを打ったことは打ったけど、それがナンバーワンとか、本人はあまりそういう風には受け止めていないんですよ」

 驚くほどサラッと自身の大記録を話の脇に置いた王は、他者より秀でていたものがあるとすれば……と、こんなことを挙げた。

「1本打ったらもう1本、22年間それをずっと追い求めていけたのは良かったかな。僕はホームランに対して常にハングリーでいられたとは思うんだよ……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3332文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊1000号記念特集>ナンバー1の条件
王貞治
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ