プロ野球亭日乗BACK NUMBER

順調なのはエース菅野智之だけ……。
巨人先発陣、立て直しの3つのテーマ。

posted2020/03/20 11:50

 
順調なのはエース菅野智之だけ……。巨人先発陣、立て直しの3つのテーマ。<Number Web> photograph by KYODO

先発陣のなかでオープン戦を通して順調だったのはエース菅野だけだった。その他の投手は開幕までにどれだけ立て直せるか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 2勝10敗4引き分け。

 今年の巨人のオープン戦の成績だ。

「それがどうした! 文句があるか! なんかそんな歌があったね」

 3月14日の楽天戦を引き分けてオープン戦最下位が決まった試合後の原辰徳監督は、都はるみと岡千秋が歌った昭和の名曲「浪花恋しぐれ」の歌詞を使って、その心境をこう語っていた。

 もちろん連覇に向けてデータは苦しい。

2008年は「メークレジェンド」で大逆転優勝。

 過去10年間のオープン戦で最下位に沈んだチームは、優勝どころかAクラスの確保すら厳しく、すべてレギュラーシーズンでもBクラスに終わっている。

 ただ2008年の巨人はオープン戦最下位からスタートして、シーズンも阪神に最大13ゲーム差をつけられながら「メークレジェンド」で大逆転優勝を飾っている。

 要はデータはデータであり、データでしかないということでもある。

 例えば3月13日の楽天戦。

 この試合の黒星は6回まで2-0とリードしていて7回から投入した古川侑利投手が捕まり逆転を許したものだった。翌日の14日も3-2と1点リードの8回に高木京介投手が追いつかれての引き分けである。

 2つともシーズン中なら当然、中川皓太投手からルビー・デラロサ投手へと継なぐ勝ちパターンの継投に入る場面で、そういう投手起用をしなかっただけだった。

 オープン戦ではリリーフ陣もローテーション起用で若手のテストも含めた継投を行なってきた。その中で追いつかれたり、逆転された結果の最下位。勝ち負けは紙一重で、こうした形の試合が負けと引き分けの14試合の中で6試合ある。

【次ページ】 先発陣のポイントとなる3つのテーマ。

1 2 3 4 NEXT
原辰徳
中川皓太
ルビー・デラロサ
古川侑利
高木京介
菅野智之
桜井俊貴
高橋優貴
C.C.メルセデス
チアゴ・ビエイラ
坂本勇人
丸佳浩
岡本和真
読売ジャイアンツ
エンジェル・サンチェス
戸郷征翔
ヘラルド・パーラ

プロ野球の前後の記事

ページトップ