ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

DeNA左腕兄弟の“末っ子”坂本裕哉。
今永昇太に学び、東克樹に託され。

posted2020/03/01 11:40

 
DeNA左腕兄弟の“末っ子”坂本裕哉。今永昇太に学び、東克樹に託され。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

坂本は1997年7月28日、福岡県生まれ。福岡大大濠高、立命館大を経てドラフト2位でDeNA入団した。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「この1年、おまえに託したぞ」

 憧れの先輩から掛けられた言葉は、坂本裕哉の心の奥底にズンと響き渡った。ルーキーとして未開の地を歩もうとしている自分にとって、これ以上勇気を得ることのできる言葉はなかった。

「やるしかないですね」

 坂本は感情を抑えるように、静かにそう言った――。

DeNAブルペンに馴染んだ坂本。

「おいおい、さかもっちゃん、どうした~!」

 投手陣の守備練習でミスをすると先輩たちからユーモアを含んだ野次が飛び交う。今年、横浜DeNAベイスターズの一軍のキャンプ地・宜野湾でよく見かけた光景。ドラフト2位で入団した期待のサウスポーである坂本は、ルーキーとしてただひとり、一軍キャンプに最後まで帯同した。右も左もわからない環境でさぞ心細かったのではないかと問うと、坂本はとんでもないという表情をしてかぶりを振った。

「いや、めちゃくちゃ楽しくて、毎日充実した練習ができました。本当にいい球団に来ることができたなって。変な気疲れやストレスもなくキャンプを過ごせましたし、これもすべて話しやすい先輩方やスタッフの皆さんのおかげですね」

 ブルペンの一体感では定評のあるDeNAだけに、坂本は仲間たちにすんなりと受け入れられた。また坂本も積極的にコミュニケーションをとれるタイプであり、キャンプで同室の2年目の上茶谷大河は「坂本は自分から先輩にいろいろ話しかけることができるので、そういったところは素直にすごいなって思いましたね」と教えてくれた。

【次ページ】 すごい人に出会ったような気がする。

1 2 3 4 NEXT
坂本裕哉
今永昇太
東克樹
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ