オリンピックPRESSBACK NUMBER

東京マラソンは勝敗の前にタイム!
大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2020/02/27 18:30

東京マラソンは勝敗の前にタイム!大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

2019年の東京マラソンは極寒だった。タイムレースになる今回こそ、いいコンディションで走ってほしいものだ。

願わくば日本記録での決着を。

 この3人を軸に東京五輪男子マラソン最後の1枠が争われるだろう。

 伏兵が制す可能性はゼロではないが、現実的に考えると5分台を狙うチャンスがあるのは2時間8分台のタイムを持つ選手までだろうか。

 該当者は村山謙太、山本憲二(マツダ)、佐藤悠基らだ。常に積極的なレースを展開する村山の動きが不気味だが、果たして彼らがどのくらい大迫、設楽、井上に喰らい付いていけるか。

 東京五輪男子マラソン1枠の最終決定は、びわ湖毎日マラソン後になるが、出場選手の顔触れと彼らの実力を考えると今回の東京マラソンが実質的な最終選考の場になることはまず間違いない。レース当日の気象条件にも左右されるだろうが、願わくば日本記録を更新し、圧倒的な強さを見せた選手が東京行きの最後の切符を手にしてほしいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大迫傑
設楽悠太
井上大仁
橋本凌
村山謙太
佐藤悠基
神野大地
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ