松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

松岡修造とパラ陸上代表・高田千明。
元五輪選手コーチとの出会いとは?

posted2020/02/24 08:00

 
松岡修造とパラ陸上代表・高田千明。元五輪選手コーチとの出会いとは?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

元オリンピアンの大森盛一コーチと共に、息子の諭樹くんを交えて取材に臨んでくれたパラ陸上日本代表選手の高田千明。

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 昨年11月、ドバイで行われたパラ陸上の世界選手権で、女子走り幅跳び・視覚障害T11(全盲)クラスに出場した高田千明さんは4位に入賞。日本新記録となる4m69を跳び、いち早く東京パラリンピックの日本代表に内定した。

 全盲の彼女を競技面でサポートするのが、コーチであり、声や手拍子で選手の跳ぶ方向や踏切の位置を伝えるコーラーの大森盛一さんだ。大森さんは元短距離走者で、2度のオリンピックを経験。1996年のアトランタオリンピックでは1600mリレーに出場し、メンバーの一員として5着に入った実績を持つ。

 ひと回り年の離れた2人はいかにして出会い、タッグを組んだのか。来たるべき「東京」に向けて、どんな目標を共有しているのだろう。

 共に初対面という松岡さんが2人に歩み寄ると、高田さんが明るい口調でこう答えた。「今日はなんでも聞いて下さいねー」

 そのひと言で場の空気は和み、取材見学に来ていた高田さんの一人息子、小学生の諭樹くんをまじえた賑やかなインタビュー取材がスタートした。

高田「小学生の時は負けなしでした(笑)」

松岡「東京パラリンピックの出場が決まったんですね。おめでとうございます」

高田「ありがとうございます」

松岡「千明さんがパラリンピックを意識したのはいくつ頃のことですか」

高田「最初はそんな大会があることも知らなくて。意識したのは社会人になってから。21歳頃です」

松岡「ずいぶん遅いですね。たしか、千明さんは先天性の病で目が見えなくなったと。もっと前から大会の存在を知っているものだと思ってました。そもそもどうして陸上をやろうと思ったのでしょう」

高田「走ることが小さい頃から大好きで、目がよく見えない私が唯一、他の子たちと一緒にできることが駆けっこだったんです。サッカーやバレーボールになるとどうしてもお客さん扱いされてしまうというか、思うように動いてプレーに参加することができなかったんですけど、全力で真っ直ぐ走ることはできた。目が完全に見えなくなって、また何かスポーツがしたいなと思ったときに浮かんだのが、全力で走ることでした」

松岡「走るのは得意だったんですか?」

高田「小学生の時は負けなしでした(笑)。『見えてないのに速いね』と言われるのが嬉しくて」

松岡「小さい頃、病気はどのように進行していったんでしょう」

高田「先天性の病気なので、生まれたときから目が見えづらくて。正面がまったく見えずに、その周りがチラチラ見えたり見えなかったりという感じでした。ただまったく視力がないわけではなかったので、自分は普通に見えていると思っていたんです。いつもどこかに体をぶつけている、落ち着きのない子ではありましたけど(笑)」

【次ページ】 高田「両親は健常者のように育ててくれた」

1 2 3 4 5 NEXT
高田千明
大森盛一
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ