Number ExBACK NUMBER

室伏広治伝説を旧友・照英が語る「やったことがないやり投げに出て、いきなり国体2位ですからね…」

posted2020/11/11 11:02

 
室伏広治伝説を旧友・照英が語る「やったことがないやり投げに出て、いきなり国体2位ですからね…」<Number Web> photograph by Shoei

室伏広治氏とは中学時代から知る間柄だという照英さん。国際大会初メダルとなった2001年世界陸上ではキャスターとして再会した

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph by

Shoei

学生時代にやり投の選手として活躍したタレントの照英さん。『筋肉番付』を始めとしたスポーツバラエティでも身体能力の高さを発揮し、その後はオリンピックや世界陸上のキャスターとしても活躍されています。そんな照英さんが学生時代に多大な影響を受けた1人として挙げるのが、スポーツ庁長官に就任した旧友・室伏広治氏。なかでも1992年べにばな国体で受けた衝撃は今でも忘れないと言います。全3回の#1(#2#3へ続く)

――室伏広治長官との出会いは?

 中学3年、全中(全日本中学校陸上競技選手権大会)の合宿に呼んでもらったときですね。そこにコウジがいました。最初は「あの鉄人(室伏重信)の息子?」ぐらいの感覚でしたね。当時はまだヒョロヒョロで、跳躍の選手かな?と思うほど細かったですが、ダッシュやジャンプ力がとんでもなくて。

 体が大きくなったのは高校に入ったあたりぐらいからでしょうか。高校3年になると、『北斗の拳』のケンシロウみたいになっていました。そこから彼はハンマー投、私はやり投と競技が分かれていったので接点は徐々に減っていきましたけど、合宿などで一緒になることが多かったので仲は良かったです。

――照英さんもやり投でご活躍されていましたが、中学時代はお二人とも投てきに限らず、さまざまな競技で活躍されていたんですね。

 中学時代は専門種目がなく、高校生になるにつれて競技を絞っていきます。私は「3種競技A」という100m・走高跳・砲丸投で全中に出たんですけど、高校入学後から投てき競技に絞ったタイプです。コウジの場合は高校生になってもリレーの選手に選ばれていましたよ。

 彼は千葉の成田高校に進んだのですが、ハンマー投ですごい記録を出しながらもインターハイで走ってました。100mは10秒台と言っていた気がします。10秒半ばのタイムを出せばインターハイの決勝に残れる時代に、ですよ。

走り方も跳び方も上手なわけじゃない

――昔から何をやらせてもすごかったんですね。

 30mダッシュや立ち三段跳も一番でしたし、ウェイトトレーニングでもすごいパワーでした。本当に誰にも負けない。逆に言えば自分たちは誰も抜けなかった。走り方も跳び方も全部が上手なわけじゃないんですが、すごい数字を叩き出しちゃう。自分たちは一体何のためにトレーニングしているのか、という思いはずっと抱いていました。大学に入った時はすでに別格の存在でしたから。

【次ページ】 92年国体、慣れないやり投で2位

1 2 3 NEXT
照英
室伏広治
溝口和洋
山川穂高

陸上の前後の記事

ページトップ