野球善哉BACK NUMBER

高卒メジャーへの逆風は消えたか。
天理の1年生投手・達孝太が語る夢。

posted2020/02/15 19:00

 
高卒メジャーへの逆風は消えたか。天理の1年生投手・達孝太が語る夢。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2017年の夏の甲子園でベスト4に勝ち進んで以来の甲子園にやってくる天理高校。達孝太が見られるのも楽しみだ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 我々が目指すべきなのは世界最高峰の舞台。アカデミー賞でアジア初の快挙が報じられているのを見て、日本人としてそんな想いに駆られた。

 国内で研鑽を積みながら、その先にあるものを目指す。業界のトップを目指しているものなら、誰もが考えることであろう。アスリートも然りである。

 ゴルフ、テニス、サッカー、バスケットボール。近年の日本のスポーツ界は若いうちから世界の舞台へ飛び込むことが当たり前になっている。

 だが、必ずしも日本すべての業界が、その思考に傾いているわけではない。世界の舞台への挑戦は時代の趨勢だが、若い世代の挑戦については、やれ「空洞化」、「国内軽視」などと批判される。

 長い歴史を誇る野球界には、少なからずそんな空気がある。

踊った「高卒メジャー」という報道。

「メジャーリーグを目指したいとは言ったみたいなんですけど、日本で活躍してからという意味だったつもりが、ネットにはそんな記事が出ちゃったみたいですね」

 昨秋、天理高の1年生投手・達孝太(たつ・こうた)が神宮大会の試合後の囲み取材で「メジャーリーグの夢を語った」そうだ。

 その場に居合わせなかったので、どのようなシチュエーションで語られたのかは分からないが、ネットで拡散された記事には「高卒メジャー志望」の見出しがついたものがあり、天理内でちょっと話題になったと言う。

 ネット記事を見たときは、大胆な発言に思えた一方、堂々と夢を語る高校球児の登場に、好印象を抱いたのもまた事実である。

 その真意を問うべく、中村良二監督に聞いたところ返答として受けたのが冒頭のコメントだった。

 見出しが見出しだっただけに、チームを指揮する中村監督としてもそう弁解をせざるを得ないのだろう。なお、昨秋の報道以後、メジャーのスカウトから視察の連絡がいくつか入ったそうである。

【次ページ】 目標はマックス・シャーザー。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

天理高校
達孝太
菊池雄星

高校野球の前後のコラム

ページトップ