スポーツ百珍BACK NUMBER

プロ野球キャンプ=ブドウ狩り?
地図会社のファン目線コンテンツ。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/02/15 08:00

プロ野球キャンプ=ブドウ狩り?地図会社のファン目線コンテンツ。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『キャンプ地で思いっきり楽しもう! プロ野球キャンプ特集』の2020年版。一覧で見ると、すべての球場に足を運んでみたくなる……。

山手線で思いついたアイディア。

 ただ最初はそれこそ「山手線で思いついた」(中の人さん)とのことで、テストと言える最初の2017年版は数球団を取り上げるくらいのささやかなものだった。それをもっといいものにしよう、と思うきっかけは2017年2月、サイトが完成した直後。「かねてより行きたい」と思っていた、名護キャンプを訪れた時のことだという。

「私自身は車の免許を持っていないので、球場への経路は公共交通機関を使う必要がありました。だけど実際に行ってみると、現地の交通手段が分からないんです。そういったユーザーの方に向けて詳しく発信してあげれば、遠くから訪れる野球ファンの方にも役立ててもらえるのではないかと思いました」

 そんな中の人さんが、野球と同じくらい好きなもの。それは地図である。

「もともと地図がめちゃくちゃ好きだったんです、中学、高校の時に友達の家が不動産屋さんだったので、住宅地図をよく見ていたんですよ。そこからずっと地図が好きで、どこかに旅行に行くときはもちろんですし、地図を見ているだけで“バーチャル・トリップ”をしている感覚も楽しみのひとつなんです。実際、『あ、中日とヤクルトのキャンプ地って車で20分くらいの距離なんだ。今度行ってみたいな』と思うくらいなので(笑)」

 キャンプも地図も楽しい。そうじゃなきゃ、こんなにも積極的にコンテンツを作ろうなんてならないはずである。“遊び半分”じゃなく、“本気”で趣味と実益を兼ねているのだ。

「ブドウ狩りに行くような感覚で」

 興味深かったのは、キャンプをどんな気分で見に行ってほしいか、中の人さんに聞いてみた時の答えだ。

「ブドウ狩りに行くような感覚で、足を運んでもらいたいんですよね」

 一瞬なんだそれ、と思ったものの、考え直すとなるほどとも思う。野球はレジャーや観光地のようなもの。野球を見に行くという目的があるからこそ、なかなか足を運べない土地を巡ることができるのだから。

「旅行先に行って楽しむもののプラスアルファが、マリンスポーツじゃなくて、キャンプの計画だったというだけで(笑)。観光地に行く。その対象がスポーツ、今回の件で言えばプロ野球のキャンプでもあってほしいなと思っているんです」

 スポーツを見に行く。それは気軽に、なおかつ目いっぱい楽しめるもの――。地図がその手助けになれば、キャンプに行きたくなる人がもっと増えるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
横浜DeNAベイスターズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
埼玉西武ライオンズ
福岡ソフトバンクホークス
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ