フランス・フットボール通信BACK NUMBER

同性愛者であることで抹消、逮捕。
あるサッカー審判の地獄と再生。
 

text by

ポリーヌ・オマンビイク

ポリーヌ・オマンビイクPauline Omam Biyik

PROFILE

photograph byFrance Football

posted2020/01/30 18:00

同性愛者であることで抹消、逮捕。あるサッカー審判の地獄と再生。<Number Web> photograph by France Football

ニダル・ベラルビ氏。彼の人生が大きく変わってしまったのは2013年のことだった。

不寛容な攻撃を受けることも。

 ときに不寛容な攻撃を受けることもある。フランスではチュニジア人の同胞から、殺害予告をされたことすらあった。最近論議を呼んでいる同性愛を毛嫌いする人々の歌は、スタジアムでそれが歌われるたびに、彼に苦い思い出を呼び起こす。

「僕はそんな状況を辿ってここまで来た。クラブ・アフリカンとクラブ・チュニジアン(スファックス)の試合で笛を吹いたとき、スタンドに『ホモ・レフリー』のバンドロール(横断幕)が掲げられた。予め僕が担当することを知ってそうしたのか、たまたま偶然だったのかよくわからないが、とても辛かった。

 涙が出そうになったけど何とか我慢した。『しっかり立ち続けるんだ。弱気になるな。ヘテロのレフリーよりも優れていると、彼らに見せつけるんだ』と自分に言い聞かせた。サッカーの当事者たちを、人種差別や女性蔑視、同性愛蔑視から守るべきだろう」

 彼によればサッカーの世界では、表に現れないだけでゲイのコミュニティは確実に存在するという。

「同性愛者はたくさんいるけれども、彼らは決してカミングアウトしない。それを糾弾はできない。自分が同性愛者だと表明したら、それまでのキャリアも近しい人々もCM契約も築いた名声も、すべてを失うと分かっているからね」

 ベラルビは違う。彼は自分の立場をひろく認知させるために、すべてをなげうつ道を選んだ。たとえはじめは不可抗力であっても、そのことに敬意を表さずにいられない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ニダル・ベラルビ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ