欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

三好康児、ベルギーでの競争と五輪。
「のんびりしている時間なんてない」

posted2020/01/23 19:00

 
三好康児、ベルギーでの競争と五輪。「のんびりしている時間なんてない」<Number Web> photograph by Belga Image/AFLO

9月26日のカップ戦では2ゴールを挙げる活躍を見せた三好康児。今年はクラブでの競争そして東京五輪と、勝負の1年となる。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Belga Image/AFLO

 ベルギー最大の都市のひとつ、アントウェルペン。そこに本拠地を構えるのが創設140年目を迎えるロイヤル・アントワープだ。

 かつて4度の国内リーグ優勝を成し遂げた古豪に、昨年の夏、三好康児はさらなる成長を見据えて足を踏み入れた。

 川崎フロンターレの下部組織出身で、中学2年生時にU-18のチームに飛び級昇格したことから“アカデミー史上最高傑作”と呼ばれていたレフティーは、その後フロンターレでプロキャリアをスタート。出場機会を求めて期限付き移籍した北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノスで大きく飛躍のきっかけをつかんだ。

 華麗なボールタッチとスルスル抜けるドリブル、どこからでも得点が取れるシュートセンスは、東京五輪世代となるU-23日本代表でも重要なピースとして期待されている。

コパ・アメリカの活躍に「満足はない」

 12月中旬、新天地で奮闘する三好の下へ足を運ぶ機会があった。11月に負った怪我の影響でリハビリ中だったものの、もうすぐ23歳となる青年は急な来訪にも快く対応してくれた。

 三好と言えば、昨年行われたコパ・アメリカの活躍が記憶に新しい。第2戦のウルグアイ戦に先発出場すると、南米の強豪相手に2つのゴールを記録。「自分の名前を覚えてもらえた試合の1つ」と言うように、ゴールで自らの存在を世界にアピールした。

 そして、大会後にアントワープへ期限付き移籍を決断。「マリノスに入って自分のプレーの幅が広がった」と言うように、そのままJ1優勝を果たしたマリノスでプレーを続ける選択もあったが、「海外で活躍するというのはずっと目標にしていた。だからこそ、海外に来ることに迷いはなかった」とプレーする舞台をベルギーに移すことを決めたのである。

 ただ、本人は海外移籍が決まったからと言って、浮かれることは一切なかった。むしろより自分に目を向けるようになった。コパ・アメリカでの活躍は、たった一度、結果を残しただけに過ぎない。

「やっぱり継続しないと意味がないと思いました。1試合だけ活躍する選手はそれなりにいると思うし、自分としてはどれだけそれを継続できるかだと思っている。だからあの時、満足することはなかった」

【次ページ】 規律を守った上で“個”を出す。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

三好康児
ロイヤル・アントワープ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ