猛牛のささやきBACK NUMBER

崖っぷちにいたオリックス神戸文也。
震えたプロ初登板、母への感謝。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/01/24 11:30

崖っぷちにいたオリックス神戸文也。震えたプロ初登板、母への感謝。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月10日、プロ初登板となった楽天戦。「足が震えていた」と振り返った。

まだまだ満足はしていない。

 崖っぷちから這い上がった右腕は、自分の今の姿を受け入れながら、目指すレベルとのギャップを1歩ずつ埋めていく。今年はさらに細部にこだわり、精度を高めていく。

「左バッターのインコースの精度があまり良くなかったので、そこにしっかり投げきれるようにすればもっと投球の幅が広がる。あと、フォークに頼りすぎていたので、もう少しスライダーの精度を上げたい。昨年19試合に投げましたけど、この投手は初球からでもバンバンフォークを投げてくる、というイメージがあると思うし、相手はたぶんフォークとまっすぐしかマークしていないと思う。そこで、スライダーとかでポンッとカウントを取れたら。バッターの頭の中の選択肢を増やせればいいかなと思います」

 念願の支配下登録は勝ち取ったが、まだまだ満足はしていない。

「まだ、始まったばかりですから」 

 穏やかな物腰の中に芯の強さを秘める25歳は、虎視眈々と上を見据える。

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
神戸文也

プロ野球の前後の記事

ページトップ