松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

「東京2020後はパラクライミングに!」
と語る伊藤力に松岡修造がエール。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/01/25 08:00

「東京2020後はパラクライミングに!」と語る伊藤力に松岡修造がエール。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

伊藤「いつだって何か新しいことに挑戦したい。そんな気持ちで日々過ごしてますね」と言う言葉を聞いて松岡さんも大きくうなずく。

「パラ競技にはすごくチャンスが転がっている」

松岡「僕は良いと思いますよ。パラアスリートにも色んな考えの方がいて、その競技だけをずっと突き詰める方もいれば、競技を変更する選手だっている。力さんみたいに短期間で変わっていくのは相当レアだと思うけど、新しい挑戦ができるのも素晴らしいことだと思います」

伊藤「パラ競技にはすごくチャンスが転がっている気がするんですね。例えば、テニスはシングルスとダブルス、健常者の大会はその2つだけだけど、パラだと立位と車いす、ブラインドもあるし、日本一になれるチャンスがたくさんある。僕はその中でこの4年間はパラテコンドーを必死で頑張ると決めた。大会が終わってまた続けようと思うか、それとも違う競技に移ろうと思うのか、自分でも楽しみです」

松岡「単なる楽観主義ではないんですね。力さん的には、自身の考え方を何主義と呼びたいですか」

伊藤「何だろう。でも、僕はどちらかというと現実主義ですよ」

松岡「(ずっこける仕草をして)いやいや、ここにいる人みんなが『それは違う』って言いますよ。テコンドーの次はクライミング。しかもまたやったことのない競技でしょ。クライミングだってもう先駆者がいっぱいいると思いますよ」

伊藤「日本はブラインドは強いんですけど、それ以外はわりと層が薄いんですよ。そもそも片手でクライミングをやろうなんて思わないし、そういうところに風穴を開けるのも面白いかなって(笑)。テコンドーの技術を生かして空手をやっても面白いし、最終的には50くらいになってパラゴルフをしてみたい。多分、片手で振るだけなので、そんなに難しくないと思うんです」

「褒められたときに力さんは謙遜しないでしょ」

松岡「なんかもう、パラリンピック人生をむちゃくちゃ謳歌してますね」

伊藤「ただやってみたい気持ちが強いんです。いつだって何か新しいことに挑戦したい。そんな気持ちで日々過ごしてますね」

松岡「いや、初めてだな、力さんのような個性あふれた人に出会ったのは。でも考えてみたら、競技人口の少ないところにパッと行けるのも1つの力ですよね。それは単純にすごいことだと思う。

 だからこそ、めちゃくちゃ頑張って欲しいんです。力さんが結果を出すことで、すごく可能性が広がっていくと思うから」

伊藤「そうですね」

松岡「それもすごいんですよ。褒められたときに力さんは謙遜しないでしょ。今日はそれが一度もないから、それもすごいなと思って(笑)。メンタルが折れそうなときもコンニャクのようにその壁をすり抜けていく。普通だったら、一番最初に岡本(依子/テコンドー界のレジェンド選手)さんに会えなかった時点でやめてますよ」

伊藤「ハハハ」

【次ページ】 「最終的には自分を肯定したいんだと思います」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤力
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ