欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

レアルとバルサのバルベルデに見る、
未来を切り開く「勇気ある決断」。

posted2020/01/16 11:50

 
レアルとバルサのバルベルデに見る、未来を切り開く「勇気ある決断」。<Number Web> photograph by Getty Images

中盤インサイドハーフとして、マドリーの定位置を奪いつつあるバルベルデ。競い合う相手がモドリッチというのも豪華な話だ。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 未来のことは誰にも分からない。大切なのは「勝つための決断」を、迅速に、勇気をもって下せるかどうかだ。予測不能な未来に恐れおののいていては、勝利につながる一歩は踏み出せない。

 今シーズンから、スペイン・スーペルコパの大会方式が変更になった。これまでは前シーズンのリーガ王者とコパ・デル・レイ王者が、新シーズンの開幕前にホーム&アウェーで対戦(昨シーズンは例外的に中立地のモロッコで一発勝負)。プレシーズンの風物詩となっていたが、今シーズンからリーガとコパそれぞれの上位2チーム、計4チームによるトーナメント戦となり、シーズン真っ只中の1月に中立地のサウジアラビアで開催されることとなった。

大会MVPに輝いたレアルの“フェデ”。

 結論から先に言えば、このトーナメントを制したのは、昨シーズンのリーガ3位、レアル・マドリーだった。

 リーガ王者のバルセロナが、コパ・デル・レイで準優勝となったことで繰り上がり出場となったマドリーは、初戦の準決勝でバレンシア(コパ・デル・レイ王者)を3-1で下すと、決勝ではバルサを逆転で退けて勝ち上がってきたアトレティコ・マドリー(リーガ2位)を延長PK戦の末に下し、通算11回目のタイトルを手にしている。

 つまり、これまでのレギュレーションなら出場資格のない2チームがファイナルを戦い、しかも繰り上げ出場のマドリーがチャンピオンになってしまったわけだ。サウジアラビア開催という点も含め、新たな大会方式には賛否両論があるだろう。

 ただ個人的には、リーガ後半戦に向けて、強豪4チームをまとめてチェックできる機会だけに、ありがたかった。

 前置きが長くなった。

 今回のスーペルコパで大会MVPに輝いたのは、目下売り出し中のウルグアイ代表MF、“フェデ”ことフェデリコ・バルベルデだった。

 リーガ6節のオサスナ戦で初スタメンを飾って以降、マドリーの中盤にすっかり不可欠な存在となったフェデ。4-3-3システムの右インテリオール(インサイドハーフ)を基本ポジションに、その恵まれた体躯を活かしてダイナミズムを注入する21歳の大器は、開幕前のポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)待望論を、完全に過去のものとしている。

【次ページ】 流動的な中で果たす重要な役割。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レアル・マドリー
バルセロナ
フェデリコ・バルベルデ
エルネスト・バルベルデ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ