欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

板倉滉がオランダで増した説得力。
“金メダルは無理だろ”の声を覆せ。

posted2020/01/03 11:40

 
板倉滉がオランダで増した説得力。“金メダルは無理だろ”の声を覆せ。<Number Web> photograph by AFLO

板倉滉の表情、背中からも頼もしさが漂い始めた。迎える東京五輪イヤーでどれだけの成長を見せてくれるか。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

AFLO

 1月にマンチェスター・シティへの移籍が発表され、そこから期限付き移籍によってオランダのフローニンゲンに加入。半年間出場機会を得られなかった時期もあったが、今シーズンの開幕戦以降はスタメンに定着を果たした。

 激動の1年。22歳の板倉滉からすれば、2019年は環境が目まぐるしく変化した1年だったと言っていいだろう。

 欧州へ旅立ち、今までとは全く違う環境、言語、文化に身を置く。

「『1回、おまえはサッカーに集中しろ』と言われているんだろうなと思います」

 笑顔で語るその言葉の裏に、様々な苦労と確かな成長の跡が見えた気がした。

 フローニンゲンに加入して以降、なかなか監督の目に止まることはなかった。ただ、日々のトレーニングから指揮官が求める激しさや戦術に理解を示し、時間を追うごとに適応。縮こまってはダメだと、厳しいタックルを受けようなものなら自分も厳しくいくことで、「こいつも本気だな」と周りに思わせることで徐々に信頼を勝ち取っていった。

試合に出続けることが自信になる。

 小さな積み重ねが結果となって現れたのが今シーズンの開幕戦だった。初めてスターティングメンバーに自分の名前があることに興奮した。その一方で、ここまで全く出場機会を得られず、欧州に来て何もできていない現実があったからこそ、チャンスを逃すわけにはいかなかった。

「開幕戦はもしここで自分がダメだったりしたら、またそこからパンと切られてしまうかもしれないと思っていた。だから必死でした。すごく緊張しているわけではないけど、喉がカラカラ。つばも飲み込みづらい感じでしたね。これまでそんなこと全然なかったのに、開幕戦から最初の何試合かはそんな状況が続いていました」

 それでも試合をこなすごとにピッチで確かな存在感を見せていく。序盤戦は上位陣との戦いが続き、なかなか勝てない時期もあったが、10月から11月の終わりにかけて4勝2分1敗で乗り切りチームを上昇気流に乗せた。

「試合に出続けることが自分の自信になる。そういった自信の積み重ねがプレーをよりよくしてくれている。本当にそれを今年は開幕からずっとできていたのがよかった」

【次ページ】 いい意味でしっかり文句を言いたい。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

板倉滉
フローニンゲン
川崎フロンターレ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ