競馬PRESSBACK NUMBER

リスグラシューにアーモンドアイ。
海外GI馬と凱旋門賞組にある違い。

posted2020/01/03 08:00

 
リスグラシューにアーモンドアイ。海外GI馬と凱旋門賞組にある違い。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

レーン騎手を背に豪GIコックスプレートを制したリスグラシュー。有馬記念でも特例でコンビは継続、見事に勝利を挙げた。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 2019年も競馬界は様々な事があった。中でも直近という事もあるが、有馬記念でアーモンドアイが敗れ、リスグラシューが女王の座と共におそらく年度代表馬の座をも奪取したシーンは衝撃的であった。

 そもそもこのグランプリで1番人気に推されたアーモンドアイと2番人気だったリスグラシューには牝馬という以外にも共通点があった。

 それは2019年に海外でGIを制しているという点だ。

 そして、2019年の競馬界の出来事の1つとして、日本馬の海外での活躍は無視出来ないモノがあった。日本馬が2019年の海外で制したGIは実に8つ。これは年間の記録としては史上最多のレコードだ。私はたまたま全ての勝利に現場で立ち会う事が出来たが、それぞれ様々な過程を踏んでの優勝劇であった。

ドバイでアーモンドアイが快勝。

 幕開けは3月のドバイ。冒頭に紹介したアーモンドアイが芝1800メートルのドバイターフに出走。前年のジャパンC以来のレースだったが、これを快勝してみせた。ちなみにこのレース、2着がヴィブロスなら4着もディアドラと、3頭出走した日本馬が上位4着までに全て入ってみせた。

 続いての朗報は香港から。クイーンエリザベスII世盃(GI、芝2000メートル)に出走したウインブライトが見事に優勝。自身初のGI制覇を海の向こうでやってのけた。そしてこのレースも3着リスグラシュー、6着ディアドラと日本勢が上位を賑わした。

 次の主役はディアドラだった。先述したドバイ、香港ではそれぞれ4、6着に敗れたが、彼女はその後、イギリスへ移動。同国の競馬の街として知られるニューマーケットに滞在し、かの地の競馬を転戦。イギリス2戦目となったナッソーS(GI、芝約1991メートル)を制してみせた。

 秋にはオーストラリアで快挙が待っていた。

 メールドグラースがコーフィールドC(GI、芝2400メートル)を堂々と勝つと、1週間後にリスグラシューがコックスプレート(GI、芝2040メートル)で目の覚めるような追い込みを決めて優勝。赤道の向こう側で2週連続、日の丸をあげてみせた。

【次ページ】 海外で「日本馬は強くなった」。

1 2 3 4 NEXT
ディアドラ
アーモンドアイ
グローリーヴェイズ
アドマイヤマーズ
ウインブライト
リスグラシュー

競馬の前後のコラム

ページトップ