マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

球数制限で投手が足りないって本当?
野球の指導者たちに聞いてほしい話。

posted2019/12/24 07:00

 
球数制限で投手が足りないって本当?野球の指導者たちに聞いてほしい話。<Number Web> photograph by AFLO

ワールドシリーズ優勝投手になった上原浩治が本格的にピッチングを始めたのは高校3年生だった。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

AFLO

「野球部が土日に『1日練習』やってたら、職員会議で『土日の部活はどちらか1日、2~3時間程度が望ましいのでは』って言われて、同調する先生がほとんどだったんです。学校のスポーツの現場って、こんなんでいいんですかね!」

 来るなり、息巻いた調子で中学軟式野球の先生が訴える。

 もちろん、自分はそれでOK。選手たちも、あくまでも“希望者”が参加しているという。

「生徒たちも、どうなんだろ。みんな出るなら、自分も出ないと……みたいなアレもあるんでないの?」

 中学軟式指導40年以上、地元ではカリスマのレジェンド先生が、軽く水を浴びせる。

「それだけはするな! って言ってるんです。そういうなれ合いだけはするな! って」

 家の行事、体調のケア、勉強が遅れている生徒は学校に出てきて自習。何がなんでも練習優先というわけではないと、教員生活8年の若い先生は説明する。

「今日も家族の結婚式1人に、地元のお祭りで太鼓たたくっていうのが1人。ウチはそういうの、ぜんぜんありなんです」

「だいたい、日本の野球の指導者は」

 そういうの、いいなぁ……。

 レジェンドがつぶやいた。

「そういうの、すごくいいよ。野球ほど社会性を問われるスポーツはないんだ。部員50人、ベンチ入り20人、レギュラー9人、試合になったら1対1の一騎打ち……いろんな単位の人の関わりの中でプレーするのが野球でしょ。

 その選手が野球しか知りません、やったことありませんじゃね。野球の選手ほど、いろんな経験をしていろんな場を知ってる必要があると思うよ」

 大賛成だ。このレジェンド、年齢からしてもっと頭の固い人かと思ったら、逆に意表を突かれた。

「だいたい、日本の野球の指導者は、グラウンドの練習を信じすぎてるんだよ」

 オレも昔はそうだったけどな、とすぐに付け加えて、本人も照れ笑いしている。

「練習はウソつかない! とか言って、グラウンドの練習ばっかりやってる。あれ、自分が安心したいだけなのよ。自分が安心したいから、試合の前の日までゴリゴリ絞って、当日ヘロヘロに疲れちゃってる。そこに気がついたのが、つい5年ぐらい前だったのが遅かった」

 アハハと、他人事のようにレジェンドがまた笑う。

【次ページ】 バドミントン出身の大学生が150キロ?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高校野球の前後のコラム

ページトップ