欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠、究極の非日常を楽しむ日々。
「命賭けでやるような場に立たないと」

posted2019/12/22 11:50

 
長谷部誠、究極の非日常を楽しむ日々。「命賭けでやるような場に立たないと」<Number Web> photograph by Getty Images

チームメイトのコスティッチとゴールを喜ぶ長谷部誠。「ヒリヒリするような喜怒哀楽」を日々堪能しているという。

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph by

Getty Images

 終わりの時が近いことを意識する長谷部誠。日々、改めて「サッカーを続ける」意義を考えるという。

「明らかに今は本当に、いわゆる引退に近づいている。サッカー選手としてはね。その中で、何のためにサッカーを続けるのかというのを、よく考えたりします」

 12月18日、初冬にもかかわらず夜の匂いが温かいコメルツバンクアレナ――。

 ブンデスリーガ第16節。FCケルン戦でフル出場した長谷部は、リーグ戦通算300試合出場を達成した。

 アイントラハト・フランクフルトで同僚の鎌田大地は、ただ感嘆する。

「日本人がヨーロッパで、ブンデスで長い間試合に出場し続けていることは、本当にすごいことだと思います。人間性といった部分も関係あると思う。誰でもできるものじゃないし、これから先、出てくる人がいるかどうかの記録だと思いますね」

「本当に、周りに感謝しなくてはいけないですね」

 2008年1月に浦和レッズからVFLヴォルフスブルクに加入して12年。

 鎌田が驚嘆するように、これだけ長い間ドイツで戦い続けることができる日本人選手は、この先、現れるだろうか。

 だが、ケルン戦の後で長谷部は、個人的な記録を達成したことを喜ぶよりも、チームが2点を先行しながら逆転負けしたことを悔やんだ。これで5戦勝ちなしと、フランクフルトが不調に喘ぐ中では無理もない。

「個人的には、そういう数字よりも今日の勝利の方が重要でした。勝ち点3を取れなかったことが非常に悔しいところではあるんですけど、もちろん監督、チームメイト……これまで本当に良い出会いがあったから300という数を重ねられている。本当に、周りに感謝しなくてはいけないですね」

【次ページ】 特別なことは「個人的にはしていない」。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷部誠
フランクフルト
鎌田大地

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ