JリーグPRESSBACK NUMBER

ベルマーレ、苦難の年の最後に笑う。
J1残留はやっぱり湘南スタイルで。

posted2019/12/16 12:30

 
ベルマーレ、苦難の年の最後に笑う。J1残留はやっぱり湘南スタイルで。<Number Web> photograph by Getty Images

湘南は史上最も苦しいシーズンに、クラブ初の2年連続J1残留を成し遂げた。この1年は彼らの歴史に厚みを与えることだろう。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 試合終了のホイッスルが鳴り響くと、湘南ベルマーレの選手たちは動きを止めた。その場に立ち尽くす選手がいて、ピッチに倒れ込む選手がいた。

 爆発的な歓喜はない。深い安堵感が、彼らを包み込んでいた。テクニカルエリアでは浮嶋敏監督とコーチングスタッフが、折り重なって抱き合っている。

 12月14日に行われたJ1参入プレーオフ決定戦で、ベルマーレは勝利をつかめなかった。J2の4チームによるトーナメントを勝ち上がってきた徳島ヴォルティスと、1-1で引き分けた。

 一発勝負の決定戦には延長戦もPK戦もなく、引分けならJ1の16位チームがJ1に踏みとどまることができる。文字どおりの崖っぷちから、死地から、ベルマーレはギリギリで生還を果たしたのだった。

 2019年シーズンのベルマーレは、「加速」をスローガンに掲げた。

 '18年は24年ぶりのタイトルとなるルヴァンカップを獲得した一方で、J1リーグでは最終節に残留を決めた。坂本紘司スポーツダイレクターは「ここから本当に湘南ベルマーレとして高みを目ざす、本気で上を目ざす」との決意を掲げ、就任8年目の曹貴裁監督とともにスタートを切ったのである。

「どんな物事に対してもアクセル全開で向かっていき、組織、個、それぞれの成長をさらに加速させていく」との思いを、スローガンの「加速」に込めた。

リーグ戦は悪くないスタート。

 連覇を狙ったルヴァンカップは、グループリーグ敗退に終わった。天皇杯では三重県代表のヴィアティン三重に、ホームで0-4の惨敗を喫した。

 J1リーグでも、5月26日の13節から6月30日の17節まで5連敗を喫する。しかし、7月7日の18節でおよそ2カ月ぶりの勝利をつかむと、ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田からも勝利をつかみ、8月11日の22節終了時点で9勝2分11敗の11位をキープしていた。

 '18年の22節終了時点は7勝5分9敗だったから、リーグ戦については悪くない歩みだったと言っていい。

【次ページ】 クラブを襲った曹監督のパワハラ疑惑。

1 2 3 4 5 NEXT
湘南ベルマーレ
浮嶋敏
曹貴裁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ