JリーグPRESSBACK NUMBER

J3最下位から一気に優勝の北九州。
J2昇格に至る密かなる革命の記録。

posted2019/12/10 11:50

 
J3最下位から一気に優勝の北九州。J2昇格に至る密かなる革命の記録。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

J3最小失点の堅固な守備陣をベースに、目先の勝利を追わず中長期的な戦略で優勝に至ったギラヴァンツ北九州。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「Jリーグアウォーズ」に当事者が呼ばれない、「やべっちF.C.」にも1秒たりとも取り上げられない。しかし、これは今季のJリーグで起きた確かなミラクルだ。

 ギラヴァンツ北九州、J3リーグ優勝。

 19勝9分6敗の何がスゴいのかというと。「前年最下位から一気に優勝」を達成したのだ(前年は6勝9分17敗)。26年のJリーグ史上初の出来事。クラブは昨季のJリーグ最底辺“57位”から、一気に来季のJ2昇格を勝ち得た。それも2016年までJ2に在籍したチームからすっかり入れ替わったメンバーで達成したのだ。

「昇格請負人」と呼ばれてきた人物。

 一体、何が起きたのかというと、大きな変化はこの点だ。

 監督が替わった。

「どうも~いいおじさんです」

 12月1日の優勝決定後、ホームでのセレモニーで自らこうあいさつした小林伸二監督の存在だ。

 2019年シーズンからギラヴァンツ北九州の監督に就任した。前年までは解説者を務めていた。そこまでの監督キャリアでは「昇格請負人」と呼ばれてきた人物だ。過去、大分、山形、徳島、清水を昇格させた。いっぽうで2009年にモンテディオ山形(当時J1)の練習場を取材した際には、現地でこんな話も聞いた。「守備の練習をずっとやってますよ。ホント、守備戦術が好きみたいで」。当時のチーム状況もあったのだろうが。

 小林が就任した当時のギラヴァンツ北九州はどん底にあった。なにせ、2014年にJ2で5位(Jリーグ全体で“27位”)に入ってからわずか4年で“57位”に。J2で最下位になった2016年は、任期4年めだった柱谷幸一監督がカウンター攻撃にポゼッションの要素を加えようとしたが上手く行かず、順位を15位落としてのまさかの降格。

【次ページ】 いつの間にか「走れないチーム」に。

1 2 3 4 NEXT
小林伸二
ギラヴァンツ北九州
池元友樹
岡村直哉
村岡誠

Jリーグの前後のコラム

ページトップ