JリーグPRESSBACK NUMBER

引退・明神智和の魂は今もガンバに。
遠藤保仁、山口智、藤春廣輝の秘話。

posted2019/12/06 11:50

 
引退・明神智和の魂は今もガンバに。遠藤保仁、山口智、藤春廣輝の秘話。<Number Web> photograph by Getty Images

明神智和(右端)と遠藤保仁。ガンバ大阪の魅力的な攻撃スタイルのど真ん中には常にこの2人がいた。

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph by

Getty Images

 長野パルセイロで過去3シーズン、J3のカテゴリーを戦ってきた明神智和が今季限りでの現役引退を発表した。その翌日となる12月3日、かつての僚友だった遠藤保仁に驚きは全くなかった。

「知っていましたよ」と話す遠藤にはこの秋、明神本人からLINEを通じて「今年で辞めようと思っている」と連絡があったという。

 ボランチというサッカー用語を生み出したブラジルは、このポジションをしばしば、こう表現する。

 カレガドール・デ・ピアノ(ピアノの運び手)。

 ピアニストとなる攻撃のタレントのために、重いピアノを運ぶ労働者、つまるところ黒子である。

明神がピアノを運び、遠藤が奏でる。

 10年間所属したガンバ大阪で、ピアノを運び続けてきた明神だったが、そのピアノの鍵盤を叩き、攻撃サッカーという魅惑のメロディを奏でてきたのが遠藤だった。

 チーム内での役割はまるで対照的だが遠藤は言う。

「中盤から前の選手を気持ち良くプレーさせる部分においてかなり貢献した選手。僕らが後ろを気にせず、前に攻めに行けたのは“明さん”がいたからこそ。お互いの信頼関係は試合の中でもあったし、僕がこれだけやって来られたのも明さんのお陰と言っても過言ではない」

 その言葉は決して、社交辞令ではない。個人にスポットライトが当たるパフォーマンスを好まないガンバ大阪の大黒柱が、一度だけ、飛びっきり気が利いた「仕掛け」を用意した1日があった。

【次ページ】 ヤットが「17番」を身に着けた日。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

明神智和
遠藤保仁
ガンバ大阪
山口智
藤春廣輝
AC長野パルセイロ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ