酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

ラミレスもロペスも“歩かず選ばず”。
NPBで光るベネズエラ人の共通点。

posted2019/12/06 11:40

 
ラミレスもロペスも“歩かず選ばず”。NPBで光るベネズエラ人の共通点。<Number Web> photograph by Kyodo News

NPBで2000本安打を達成したアレックス・ラミレス監督と、DeNA主軸のホセ・ロペス。どちらも積極打法のベネズエラ人だ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年の11月、台湾・桃園国際野球場での「プレミア12」日本初戦のベネズエラ戦でのこと。

 ベネズエラは初回、1番カスティーヨと2番クエルクートが侍ジャパン先発の山口俊を早いカウントからコンコーンと打ってあっという間に一、二塁とした。日本人選手なら初対戦の投手はじっくり見ていくだろうが、彼らはおかまいなしである。

「ベネズエランはみんなこうなんですよね」

 横で見ていたMLB取材歴の長いライター氏がつぶやいた。ただ結局、このあと三振、三振、二ゴロであっという間にチェンジである。

NPBで目立つベネズエラ勢の活躍。

 最近、NPBではベネズエラ選手の活躍が目立つようになった。

 DeNAのホセ・ロペスは、イチローの2004年のシーズン262安打をチームメイトとして目撃した歴史の証人だが、ベイスターズでは勝負強い打撃と、堅実な一塁守備で信頼を集めている。またエドウィン・エスコバーは日本ハムからDeNAに移籍して、100マイル近い剛速球を投げるセットアッパーとして活躍中である。

 西武のエルネスト・メヒアも来日1年目でホームラン王を獲得し、以後も主軸を張った。最近は代打起用が多いが、来季も契約を延長した。

 さらに来年は、オールスター出場の名遊撃手アルシデス・エスコバーがヤクルトに、ゴールドグラブ2度の名外野手ジェラルド・パーラが巨人にやってくる。アルシデス・エスコバーはDeNAのエドウィンのいとこだ。さらにベネズエラ色は濃くなるのだ。

 ベネズエラ出身選手の活躍が目立つようになったのは、近年、アレックス・カブレラ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・ラミレスとNPBで大活躍したベネズエランが続出したことが大きいだろう。

 特にアレックス・ラミレスは外国人初の2000本安打を達成。引退後はDeNAの監督に就任し「ラミちゃん、やるじゃん!」とハマっ子に言わせるような采配を見せている。

【次ページ】 2000本安打ラミレスの特異な数字。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アレックス・ラミレス
ホセ・ロペス
横浜DeNAベイスターズ
エルネスト・メヒア
アルシデス・エスコバー

プロ野球の前後のコラム

ページトップ