サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

原口元気が代表から持ち帰った宿題。
「結果が出せない選手は入れ替わる」

posted2019/11/30 11:30

 
原口元気が代表から持ち帰った宿題。「結果が出せない選手は入れ替わる」<Number Web> photograph by AFLO

ハノーファー移籍後初ゴールを決めた原口元気。チームは敗れるも、自身の成長のために前を向く。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 手応えと、悔しさ――。その両方を得られたのは幸せなことである。

 両極端の要素が手に入れば、その間のものは後から自然と付いてくる。そして何より、それらは日々の戦いに臨む活力になる。

 11月25日のダルムシュタット戦。原口元気はハノーファーで10番を背負っての公式戦43試合目にして、初めてのゴールを決めた。CKからの流れの中から、上手く反応してのシュートだった。

磨いていたFKという新しい武器。

 さかのぼること約10日前。

 11月14日のキルギス代表とのW杯アジア2次予選でも、原口はゴールを決めている。代表で2度目となるFKからのゴールは、決して偶然の産物ではなかった。

 この直前のハノーファーでの試合で、アシフ・サリッチ暫定監督(直前にミルコ・スロムカ監督が解任されていたため)から、セットプレーのキッカーを任されていた。そのハイデンハイム戦ではゴールに結びつけることはできなかったが、CK2本とFK2本を任された。

「たまたまいつもキッカーをやっていた選手がいなかったのはあるけど、練習をしていたからね。それなりのボールを蹴れていたとは思うし、そもそも自分は武器を増やさないといけないなと常に考えているから。FKの練習はいくらやってもほとんど疲れないし、そうやって自分はキックの質も上げていかないと!」

 キルギス戦の貴重なだめ押し点となったFKからのゴールは、日常で磨いていたから生まれたのだ。

【次ページ】 代表強化のために競争は不可欠。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原口元気
ハノーファー
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ