クライマーズ・アングルBACK NUMBER

16歳の天才少女が東京五輪急浮上。
“03line”クライマー、森秋彩の欲の形。

posted2019/11/27 18:00

 
16歳の天才少女が東京五輪急浮上。“03line”クライマー、森秋彩の欲の形。<Number Web> photograph by Kenichi Moriyama

8月に東京・八王子で開催された世界選手権で、リード種目では3位となった森秋彩。

text by

森山憲一

森山憲一Kenichi Moriyama

PROFILE

photograph by

Kenichi Moriyama

 カメラのファインダーで彼女を追っていた私は、その瞬間、「落ちた!」と思った。

 ところが、ファインダーから姿を消したはずの彼女は、どういうことか、まだファインダー内にとどまっている。重力を無視したかのような、ちょっと考えられない体勢で。その手には吸盤でも付いているのか。

 こういうひやっとするムーブの後は、そこでパワーと集中力を使い果たし、いずれ落ちてしまうのが普通だ。しかし彼女は、その後もじりじりと苦しい一手をのばし続けていく。信じられない持久力。

 ゴールのホールドがもう目の前に来た。腰を落とし、タイミングを測る。観客が息を飲む。

 ダブルダイノ(両手での飛び付き)でゴールホールドをとらえたとき、歓声は最高潮に達した。12日間にわたった世界選手権。そのなかで、会場がもっとも揺れた一瞬がここだったように思う。

森秋彩、当時は15歳。

 これは8月に東京・八王子で開かれたクライミング世界選手権・女子コンバインド種目リードでの1シーンだ。

「スピードとボルダリングで出遅れていたので、リードではなんとか挽回しなきゃと思って必死に登りました。落ちそうになったところはホールドが届かなくて……。ああいう危ない動きで切り抜けるしかありませんでした」

 彼女の名は森秋彩(もり・あい)。2003年9月17日生まれの森は、この時点でまだ15歳。初の世界選手権参戦で、リード単種目では3位に入り、冒頭の爆発的なパフォーマンスでコンバインド種目も6位。オリンピック代表候補に名乗りをあげた。

【次ページ】 2003年生まれの才能が世界を席巻。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森秋彩
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

他競技の前後のコラム

ページトップ