欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

岡崎慎司、今は周囲に合わせない。
スペイン2部で再びストライカーに。

posted2019/11/16 11:50

 
岡崎慎司、今は周囲に合わせない。スペイン2部で再びストライカーに。<Number Web> photograph by AFLO

スペイン2部で岡崎慎司はストライカーの本能を取り戻そうとしている。周囲に合わせるスタイルとは一度お別れだ。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

「VARで5度もゴール取り消されている」

「認められたゴールよりも無効になったゴールのほうが多い」

 11月9日第15節オビエド戦を終えて、スペインでの報道などを含め、こんな見出しで報じられているのが、今季スペイン2部のウエスカへ加入した岡崎慎司だ。

 9月4日に加入すると、8日のリーグ第4節に途中出場してデビュー。第6節以降は不動のセンターフォワードとしてフル出場を続けて、3ゴールを決めている。

 オビエド戦では2度ゴールネットを揺らしながらも、どちらもVARでゴールが取り消された。1本は岡崎自身のオフサイドで、もう1本は味方選手のファールが原因だった。それでもこの試合、ウエスカは3-1と勝利し、順位も2位に浮上している。

もう一度ストライカーとして勝負する。

 ゴールが取り消されてしまっては、記録には残らない。それでも、岡崎の評価は高い。

 彼がウエスカで強く意識しているのは、「ストライカー」としての在り方だ。レスターでは周囲に合わせることを優先しているうちに、ストライカーとしてのポジションを失った。それを取り戻しに岡崎はスペインへ来た。

「レスター時代は僕が周囲に合わせていくということを第一に考えていました。でも、僕はストライカーとしての感覚を取り戻して、ストライカーとして勝負したいと考えているので、まずは周囲に自分をわかってもらうことをウエスカでは意識しています。

 監督から『ゴール前でのダイナミックなプレーに期待している』と言われています。足元で受けてパスを出すだけでなく、裏へ抜けたり、ドリブルで突破したりというプレーは、僕にとってもやりたかったことなので、ありがたい」

【次ページ】 「スペインに慣れてない」と言われてもいい。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岡崎慎司
ウエスカ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ