ボクシングPRESSBACK NUMBER

井上尚弥がモンスターを超えた12R。
危機が呼び起こした新たな異能。

posted2019/11/11 20:00

 
井上尚弥がモンスターを超えた12R。危機が呼び起こした新たな異能。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

秒殺以上に強さを感じさせる12Rの戦いだった。井上尚弥はまだ何を見せていない力を持っているのだろうか。

text by

森合正範

森合正範Masanori Moriai

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 1回終了時、コーナーに戻ってきたときの儀式がある。セコンドの大橋秀行会長が井上尚弥に問い掛ける。

「(相手の)パンチはどうだ? 耐えられるか?」

 これまでの試合、答えは決まっていた。

「大丈夫です。全然大丈夫ですよ」

 11月7日、さいたまスーパーアリーナ。ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝。ノニト・ドネア(フィリピン)戦でも同じ返答だった。

 大橋会長は安堵の表情とともに頷いた。

「ああ、これは早く倒せる。2回か3回で終わるな」

 井上にも感触があった。

「出だしから手応えがいい。イメージ通り。早い決着があるかも」

 ふたりの胸の内はそう違っていなかった。

「これ以上もらったら止められる」

 2回2分すぎ。強打を誇るドネアの左フックを右目に食らった。右目上をカットし、アマチュア・プロを通じて初の流血。傷はかなり深い。試合後、医師から「(傷が)もう一皮深かったら白い筋肉まで達していて(試合を)止められていた」と言われるほどの重傷だった。

 眼球に異変を感じ、眼窩底骨折に追い込まれていた。視界がぼやけている。ドネアが二重に見えた。プロ19戦目にして初めてピンチを迎える。

 果たして、井上尚弥は「モンスター」なのか。

 2回終了後のインターバル。父でトレーナーの真吾氏の頭の中はフル回転していた。

「これ以上(傷口に)パンチをもらったら試合を止められる。もしナオの目が見えていないとドネアが分かったら、ラフに攻めて来るだろうな」

 傷口を広げず、ドネアに目の不調を悟られないよう、かすんだ視界の中で闘う。勝利へのハードルが一気に上がった。

【次ページ】 「ちょっとペースを落とそうと思うんだけど」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
ノニト・ドネア
大橋秀行

ボクシングの前後のコラム

ページトップ