スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

奇怪なシリーズと本命の敗因。
ナショナルズが修正したエースの癖。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/09 11:30

奇怪なシリーズと本命の敗因。ナショナルズが修正したエースの癖。<Number Web> photograph by Getty Images

ストラスバーグの癖が見抜かれていることに気づいたナショナルズのベンチ。勝敗を分ける大きなポイントだった。

乱世の幕開けか、一過性の狂いか。

 第6戦の序盤で、レンドンに対して無意味な守備シフトを布き、やらずもがなの点を与えたこと。第7戦の勝負どころで、ロビンソン・チリノスに下手なバントを命じて失敗したこと。同じく第7戦で、グリンキーの降板を急ぎすぎ、結果的にコール投入の機会を逸したこと。アストロズ敗退のポイントは、ほかにもいくつか考えられるが、もしナショナルズのベンチが、ストラスバーグの癖が見抜かれていることに気づかなかったら、勝敗の行方はどうなっていたかわからない。

 いずれにせよ、7試合戦ってヴィジターチームが全勝というワールドシリーズは、史上初めてだった。これが乱世の幕開けとなるのか、それとも一過性の「狂った季節」として記憶されるのか。来季の蓋を開けてみなければ容易に予想はできないが、両軍の大黒柱だったストラスバーグとコールは、いずれも来季、FAの資格を得る。オフシーズンにはべらぼうな金が動き、情報も錯綜することだろう。球団の財力から見て、ストラスバーグはドジャース、コールがヤンキース(あるいはその逆)と予想する声は高いが、百鬼夜行の大リーグではなにが起こるかわからない。

 冬の戦いからも、眼を離さないでおこう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ワシントン・ナショナルズ
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ