バレーボールPRESSBACK NUMBER

選手発信の「#Vリーグはバレーだよ」。
バレー界に芽生え始めた見せる意識。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byV.LEAGUE

posted2019/10/29 11:30

選手発信の「#Vリーグはバレーだよ」。バレー界に芽生え始めた見せる意識。<Number Web> photograph by V.LEAGUE

W杯で活躍した西田有志らのプレーに注目が集まるVリーグ。10月26日に男子1部が開幕し、レギュラーラウンド後に上位5チームによるプレーオフが行われる。

野瀬が感銘を受けた高松の行動。

 野瀬の心を動かしたのも、またVリーグ選手の1つの行動だった。

 去年のV.LEAGUE開幕直前の記者会見は、商業施設の中で開催された。一般の買い物客も見ている前で行われた会見は、お世辞にも盛り上がったとは言えない状況だったが、会見に出席した高松卓矢(ウルフドッグス名古屋)は自ら進んでステージから降り、道行く人にマイクを向けた。野瀬は振り返る。

「おそらく台本にはなかったことだと思うんですけど、ああやってお客さんに『Vリーグって知ってますか?』とマイクを向ける高松さんが僕には衝撃でした。去年、リーグがビジネス化することになって、僕自身は『きっと大きく変わるんだろうな』と期待していたんですが、正直、現状はそんなに変わらなかった。『もっとこうしたらいいのに』『ああしたらいいのに』って思うところがあった。そんな中、高松さんは行動で示したんです」

 頭で考えるより、行動してみようという気持ちが芽生えた。それまで、面識のなかった高松にもアポイントを取り、自分の考えを伝えた。

「その競技やその選手の価値って、多くの人に知られているかどうか。どんなにいいプレーをしようが、お客さんが感動してくれるプレーをしようが、見に来てくれる人がいなければ意味がない。自分もそうだし、Vリーグも同じだと思う。もっと大勢の人にバレーボールの楽しさ、良さを知ってほしいなと思いました」(野瀬)

SNSを活用をして、みんなで盛り上げる。

 今回、ハッシュタグ企画の中心ともなったサントリーサンバーズの星谷健太朗は語る。

「グループラインでの話し合いは、これからも続けていきます。今の時代、簡単に連絡できる手段があるんですから、もっと活用したいですよね。この間はファンの皆さんの協力もあって、ハッシュタグをトレンド入りさせるという目標を達成できました。そこはもっと自信を持って、他にも僕らから発信できることを探して、アイデアを出していきたい。みんなに協力してもらってリーグを盛り上げる力になれたらいいですね」

【次ページ】 まずは楽しんでもらえる環境を。

BACK 1 2 3 4 NEXT
FC東京
野瀬将平
ウルフドッグス名古屋
高松卓矢
サントリーサンバーズ
星谷健太朗

バレーボールの前後の記事

ページトップ