バレーボールPRESSBACK NUMBER

選手発信の「#Vリーグはバレーだよ」。
バレー界に芽生え始めた見せる意識。

posted2019/10/29 11:30

 
選手発信の「#Vリーグはバレーだよ」。バレー界に芽生え始めた見せる意識。<Number Web> photograph by V.LEAGUE

W杯で活躍した西田有志らのプレーに注目が集まるVリーグ。10月26日に男子1部が開幕し、レギュラーラウンド後に上位5チームによるプレーオフが行われる。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

V.LEAGUE

 10月15日、「ワールドカップバレー2019」男子大会が幕を閉じた。試合終了と同時に、あるハッシュタグがTwitter上を賑わせたのをご存知だろうか。

『#Vリーグはバレーだよ』

 一見、おどけたような、ユニークなハッシュタグを含んだツイートが、約2万件のツイートを記録し、トレンドの上位にランクインを果たしたのだ。

「Vリーグはバレーだよって何?」

「バレーって、そんなに知名度、低いの?笑」

 もともとバレーボールに関心の高かったユーザーの中には、そのハッシュタグを嘲笑する者もいたが、これはあるバレーボール選手たちの、必死の思いが詰まったアクションだった。

絶好のアピール機会だったW杯。

 始まりはワールドカップ女子大会の開幕直前だった。

 昨年度から新リーグ「V.LEAGUE」と名前を変え、ビジネス化を図ったバレーボール。各チームがホームゲームの主催を担当し、その収益を各チームに分配するなど、営利目的の試合興行に踏み切ったVリーグだったが、残念ながら観客動員やリーグの知名度は今ひとつ、成果を感じられずにいた。

 それまで主催・主管であるVリーグ機構や日本バレーボール協会に運営を任せていたため、各チームが興行としての試合開催に戸惑った節もあるが、何より開催地でのチーム、選手の知名度不足も大きな要因だと考えられていた。

 そんなバレーボールにとって地上波、全国ネットで放送されるワールドカップは絶好のプロモーションの機会である。この機会にハッシュタグを使ってVリーグの存在をアピールしてはどうかと言い出したのがFC東京の野瀬将平だった。

 野瀬は振り返る。

「最初は『なんとかVリーグをアピールできないか』ということを、自分がSNSでつぶやいたと記憶しています。でも、そのときは『もしやるなら僕だけでやっても意味がない』『みんなが同じ方向を向かないと』と思っていました。そうやってあれこれ考えているうちに、徐々に僕と同じように危機感を持っている人、何か行動したいという人が各チームにいることがわかって、『じゃあ、みんなでやろうよ』ということになったんです」

【次ページ】 各チームの代表がグループLINEで。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
野瀬将平
ウルフドッグス名古屋
高松卓矢
サントリーサンバーズ
星谷健太朗

バレーボールの前後のコラム

ページトップ