プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。
ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/10/17 11:30

オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。<Number Web> photograph by Essei Hara

G1優勝者として1.4東京ドームでのIWGPヘビー級挑戦権を持つ飯伏幸太。IWGPの通算防衛回数記録を持つオカダ・カズチカにどこまで通用するか?

1月4日にIWGP。翌日にダブルタイトル!?

 飯伏は言い出しっぺの内藤哲也とは違う意味で「2冠」を語る。

「ボクはすごく尊敬しているというか、IWGPヘビー級のベルトっていうのは、やっぱり最強の人が巻くベルト。そういう意味では、IWGPヘビー級のベルトも金メダル。でも、インターコンチのベルトは最高の意味で金メダルだと思っている。ボクはどっちも金メダルだと思っているんで、どっちも欲しいです」

 絵に描いた餅に過ぎないかもしれないが、飯伏のプランはこうだ。

「ボクにとって理想的なのは、1月4日にIWGPヘビー級のタイトルマッチを勝って、そのまんま次の日にIWGPヘビー級とインターコンチネンタルのダブルタイトルをやるのがベストかなと」

「オレは必ず東京ドーム、超満員、やります」

 オカダは王者らしく視点を変える。

「今まで超満員、超満員って言っていましたけど、ホントに熱い戦いを見せていれば、いつか超満員になるだろうと思って。そんな甘いものではないです。プロレスが盛り上がっているんだとなっている中で、東京ドームを超満員にしないといけない。(両国国技館の控室に)戻ろうと思って客席を見た瞬間に、あ、これはやっぱりお客さんの前で宣言しないとダメだな、と思いました」

 オカダはプロレスを外からも見ている。

「本当にみんながプロレスってもののすごさ、素晴らしさってものを知っている中で、プロレス、すごいでしょ、と。今、ラグビーも盛り上がっていますし、いろいろなスポーツで盛り上がっている中で、やっぱりすごい盛り上げっていうものをボク達も見せないと。

 負けたままっていうのは悔しいんで、プロレスの底力ってのを見せたいので、ああやってお客さんの前で宣言した。そしてオレは必ず東京ドーム、超満員、やります。必ずやります」

【次ページ】 新日は2日間で8万人と言うが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
オカダ・カズチカ
飯伏幸太
SANADA
内藤哲也
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ