プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。
ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/10/17 11:30

オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。<Number Web> photograph by Essei Hara

G1優勝者として1.4東京ドームでのIWGPヘビー級挑戦権を持つ飯伏幸太。IWGPの通算防衛回数記録を持つオカダ・カズチカにどこまで通用するか?

インターコンチは新日本のセカンド・タイトル。

インターコンチネンタル王座は新日本プロレスのセカンド・タイトルという位置づけで創設された。

 それは今も変わらない。

 オカダが改めて言わなくても、それは明白なことである。だが、かつて中邑真輔がその際立ったパフォーマンスと試合によって、このベルトの価値を高めたことも事実だった。ベルトの価値は持つ人によって変わる、というプロレス界の「格言」を実証したものでもあった。

 飯伏は両国のリング上でオカダに詰め寄るように語った。

「ボクには、インターコンチと、そのIWGPヘビー級のベルトが必要なんです。いつまでも、あなたじゃ面白くないでしょ」

 オカダに王者交代を迫る飯伏がいた。

「ちょっと長過ぎないですか。持っている期間が。まあ、これは(オカダが)最強だから、これだけ長い期間、持ち続けられるのであって、そこは本当に素晴らしいと、ボクも思っています。でもボクはそれをさらに越えて行きたい。最強の部分でも越えて行きたい」

飯伏は「必要なものだ」と言い切る。

 飯伏はその思いを語り続けた。

「ボクはG1を優勝した次の日の会見からずっと言い続けているんですけど、インターコンチネンタルのベルト、そしてIWGPヘビー級のベルト、このふたつを同時に巻きたい。ここは今でも変わりません。それは、もっともっとプロレスを広めたいから。

 でも、そのIWGPヘビー級のベルトに対して『ナメてる』とか、そういうのは何も思っていない。あとオカダさんに対しても『安い』とは思ってないです。むしろ『高い』と思っています」

 飯伏は今、2つのベルトに異常な執着を見せる。

「必要なものだ」と言い切る。

 新日本プロレスに復帰した頃は、インターコンチ1本のように語っていた飯伏だったが、新日本プロレスで戦い続ける以上、IWGP王座がほしくならないはずがない。

【次ページ】 1月4日にIWGP。翌日にダブルタイトル!?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オカダ・カズチカ
飯伏幸太
SANADA
内藤哲也
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ