松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

リオ銅メダルの廣瀬順子(パラ柔道)。
妻のメダルに夫・悠は何を思った? 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/10/07 11:00

リオ銅メダルの廣瀬順子(パラ柔道)。妻のメダルに夫・悠は何を思った?<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

松岡修造さんと廣瀬悠選手。夫婦関係、男女関係の相談・勝負の話で、勝ったのは……。

悠「ご飯を2日間くらい食べていなかった」

松岡「順子さんとしてはどちらが良かったですか」

順子「もちろん、応援してほしい。『最後までいてね』って伝えてました」

松岡「会場で観てって。実際にメダルを獲る瞬間を目撃して……」

「いやあ、『持ってるなあ』って思いました(笑)」

松岡「ハハハ。順子さんは、すぐ悠さんに報告に行きたかったでしょ」

順子「はい。事前の取材でも『メダルを獲ったら何がしたいか』と聞かれていて、『悠さんとハグします』と答えていたのですが、実際は悠さんのところにたどり着くまでに色んな障害物があって、これは無理だと思って諦めました」

「カメラの機材とかが、僕たちの間を阻んでいて、僕は『こっちに来い、来い』と思っていたけど、通り過ぎていきました(笑)」

松岡「なんで諦めたんですか」

順子「通れる状況じゃなかったので。それに会場を出たところで記者の方たちが待ってましたし、そこで時間をかけるわけにはいかないなと思って」

松岡「マジメなんだね。悠さんはガックリでしょ」

「でも、その後に表彰式があるじゃないですか。選手の動線は事前にわかっていたので、動線の真上にある2階の観覧席から順子に声をかけたんです。『メダルを見して』と。メダルを挟んで2人が見つめ合うシーンが今でもリオの感動場面として使われていたりします」

松岡「でも、順子さんの試合にばかり集中していたら、次の自分の試合が大変だったんじゃないですか。翌日だったんですよね」

「そうなんですよ。あの時はまだ5kgくらい減量しないとダメで、ご飯を2日間くらい食べていなかった。その日の夕方が前日計量のタイミングで、ずっとお腹が空いて大変でした。ブラジルで暑いのにサウナスーツを着て、その上からジャージを羽織って、ずっとそのままの格好で応援していたんです。もう汗だくです」

松岡「あの、もっと前から減量することはできなかったんですか」

「僕、本当は100kg級の選手なんです。でも、100kg級の枠が取れなくて、なぜか90kg級で枠を獲った選手が本番は73kg級に階級を下げて挑戦した。それで90kgの枠が空いたので、元々の体重から15kg減量して、僕が勝ち抜いて出たんです」

松岡「うわ、それはかなりきつかったですね。で、減量はセーフ?」

「ギリギリでした」

松岡「試合はどうでした? 自分の実力は出せましたか」

「自分らしい柔道はできたけど、初戦の相手がロンドン大会の金メダリスト。負けて敗者復活戦に回ったんですけど、そこでもロンドンの銀メダリストと当たって。クジ運もなくて完敗でした」

松岡「でも、納得はできた感じですね。相手が強いし」

「こんなもんだなと思いましたね。あの時は練習もそこまでしてなかったですし、そもそもリオには出られないと思っていたので、ずっと順子に合わせて練習をしてましたから」

松岡「順子さんに教えていたんですか」

順子「はい。色々教えてもらってました。私が練習するところに、コーチとしてついてきてくれて、自分の練習はそっちのけで」

松岡「そうなんだ。良いコーチですか」

順子「そうですね。私がすごく頑固で、こうしなさいと言われても、なかなか小学生の頃からずっとやってきたことは変えられないんですけど、悠さんは昔からやってきた柔道を尊重しながら、そこにもう少しこれを足してみようというやり方なので、すごく受け入れやすいです」

【次ページ】 松岡「女性にもてるコツってなんですか」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

廣瀬悠
廣瀬順子
松岡修造
オリンピック・パラリンピック
東京五輪
パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ