沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

新スプリント王者は世界的な名血統。
ルメールは最高の気分で凱旋門賞へ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2019/09/30 11:40

新スプリント王者は世界的な名血統。ルメールは最高の気分で凱旋門賞へ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

中山の直線は短いが、タワーオブロンドンとルメールの手にかかればピッタリ届いたところがゴールだった。

世界的な血統の名馬が現れた。

 シンコウエルメスの孫のなかには、'16年の皐月賞馬ディーマジェスティなどもいる。

 シンコウエルメスの兄ジェネラスは'91年の英愛の両ダービーとキングジョージⅥ&クイーンエリザベスSを勝った名馬だ。

 そして、シンコウエルメスの母系には「鉄の女」と呼ばれ来日経験もあるトリプティクがいて、その姉トレヴィラの曾孫には、'13年の凱旋門賞でオルフェーヴルとキズナを下した女傑トレヴがいる。

 要は、タワーオブロンドンの母系は、世界的に活力のある血脈なのだ。

 ダーレージャパンファームのハリー・スウィーニー代表によると、今後は海外のGIも視野に入れているという。

 スケールの大きな新・スプリント王が誕生した。

関連記事

BACK 1 2 3
クリストフ・ルメール
タワーオブロンドン

競馬の前後の記事

ページトップ