スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

まるで日本攻略のための「教則本」。
ラグビーW杯直前の南ア戦は正解?

posted2019/09/09 20:00

 
まるで日本攻略のための「教則本」。ラグビーW杯直前の南ア戦は正解?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

南アフリカはFBやWTBに向けてのハイパントを多用した。日本はボール支配率などでは上回ったものの7-41で敗れた。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 この試合、両軍の「動機付け」に差があったように思う。

 南アフリカからすれば、約2週間後にラグビーワールドカップでのオールブラックスとの初戦を控え、ウォームアップとして格下の相手と対戦できるのは最善の機会。

 そしてなにより、過去の対戦成績で劣っている相手との星取表を五分に戻すには絶好の機会だった。

 ラグビー界の巨象、南アフリカが対戦成績で引けを取っているのはニュージーランドと日本だけなのだ。その沽券に懸け、勝たなければならない相手だった。

開始4分でWTB福岡が負傷交代。

 対する日本代表はどうか。

 ゲームウィークに入り、中には「自分もそうですが、メンバーからケガ人が出ないことを願うばかりです」と話す選手もいた。フィジカル自慢の南アフリカを相手にするだけに、ケガのリスクが高くなるのはやむを得なかった。

 試合前に報道陣と雑談していると、「負けるのは仕方がないけど、ケガ人が出ないことを祈るしかない」と話していた。

 困ったことに不安は的中し、開始4分という段階でWTB福岡堅樹がふくらはぎを痛め(ピッチに座り込んだ瞬間には、絶望感が漂ったほどだった)、さらにはナンバー8のアマナキ・レレイ・マフィが右肩を痛め、負傷交代を余儀なくされた。

 だから言わんこっちゃない……と思いつつも、ふたりについては、ただただ回復を祈るしかない。

【次ページ】 日本の弱点を突いたハイボール。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジェイミー・ジョセフ
リーチ マイケル
福岡堅樹
アマナキ・レレイ・マフィ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ