ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー日本代表に頼れる38歳鉄人。
流暢な関西弁と、勝利への執着心。

posted2019/09/10 20:00

 
ラグビー日本代表に頼れる38歳鉄人。流暢な関西弁と、勝利への執着心。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

南アフリカ戦でもよく働いたトンプソン ルーク(右から2人目)。38歳ながら、豊富な運動量を誇る。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 超人ぞろいのラグビー日本代表にあって異彩を放つ。

 チーム最年長の38歳、ニュージーランド出身のトンプソン ルークだ。
 
 W杯4大会出場は元木由記雄、松田努以来3人目となる快挙。海外出身選手としては史上初であり、すでに日本ラグビーのレジェンドとして語り継がれる存在だ。

 流暢な関西弁でみずからを「おじいちゃん」と自虐的に語るが、運動量はトップクラス。傷だらけになっても働き続ける姿に、ファンはウルウルときてしまう。

 ラグビーワールドカップ日本大会の開幕を2週間後に控えた9月6日、埼玉・熊谷で行われた南アフリカ戦でも「おじいちゃん」は働き者だった。

 80分間フル出場した先発フォワードは3人。共に30歳の両フランカー、リーチ主将とラブスカフニ。そして38歳のトンプソンだ。

「スクラムとモールディフェンスは自信を持てた。ボールキャリアーはもっと勢いをつけないと。W杯が楽しみね」

「4年前よりは日本を尊敬している」

 2015年W杯以来の再戦だったが、今回は南アフリカ代表が41-7で雪辱を果たした。

 しかし試合が終わればラグビーを愛する者同士、ざっくばらんに交歓するのがラグビー文化だ。トンプソンは加入14年目の近鉄ライナーズの元チームメイト、南アフリカ代表のダミアン・デアリエンディらと健闘を称え合った。

「『日本めっちゃ暑い』って言っていたね(笑)。南アフリカは、4年前よりは日本を尊敬している。『今日は勝ったけど、ジャパンは弱いチームじゃなかったよ』と。それは言っていましたね」

【次ページ】 とにかく負けず嫌いな38歳。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トンプソン ルーク
ジェイミー・ジョセフ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ