“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「変わらずやり切る」湘南らしさを。
梅崎司は監督不在でも走り続ける。

posted2019/09/08 11:45

 
「変わらずやり切る」湘南らしさを。梅崎司は監督不在でも走り続ける。<Number Web> photograph by Takahito Ando

浦和戦では終了間際に勝ち点1をもたらすPKを決めた梅崎司。その経験値は窮地にいる湘南にとって貴重だ。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 このチームを絶対に下に落としてはいけない――。

 加入2年目ながらチーム最年長である湘南ベルマーレの梅崎司は今、難しい立場の中で強烈な主張を見せている。

 湘南には逆風が吹いている。長きに渡り指揮をとり、相手より競り勝ち、走り勝ち、ハードワークし続ける。そんな「湘南スタイル」を確立させたチョウ・キジェ監督にパワーハラスメントの疑惑が持ち上がり、8月13日をもってチームの指揮及び指導を控えることが発表された。今も高橋健二コーチが監督を代行し、指揮を執っている状況が続いている。

「もしJ2に落としてしまったら、チョウさんのこれまでやってきたことを水の泡にしてしまいかねない。もちろん、どんな理由だとしても、当然チームを落としてはいけないです。ただ、僕はチョウさんのことを素晴らしい監督だと思っているし、心から尊敬できる監督です。ここまで気を使ってくれるというか、選手のことを想ってくれる監督はなかなかいない。そんなチョウさんが作ったチームを落とすわけにはいかない」

 調査結果がまだ出ていない以上、今後の去就がどうなるかは全く分からない。その中で選手ができるのは、勝ち点を積み重ねて、J1に残留することであり、1つでも上の順位に導くことである。チームに最もプラスになることは結果。結果を出し、残留すれば、明るい未来につながる。

「これまでと変わらずやっていく」

 それを梅崎はよく理解している。梅崎はチョウ監督が口説き落とし、重用されてきた人物であるだけに、その想いの深さは容易に想像できる。だが、梅崎は冷静さも持ち合わせている。自分がチョウ監督を心から信頼し、影響を受けているからこそ、自分の言動の重要性を深く理解している。

「個人としても、チームとしても、これまでと変わらずやる。それがこの苦しい状況で必要なことでした」

 チーム最年長であり、J1リーグを15年も戦い抜いてきた経験豊富なベテランが与える影響力は大きい。それはいい意味でも、悪い意味でも、である。

【次ページ】 最初はちょっと困惑したが。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

梅崎司
湘南ベルマーレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ