プロ野球亭日乗BACK NUMBER

原辰徳インタビュー(3)「監督の
気持ちでやる選手を何人作れるか」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/09/11 11:30

原辰徳インタビュー(3)「監督の気持ちでやる選手を何人作れるか」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

監督として、7度のセ・リーグ優勝、3度の日本一にチームを導いた。昨年、野球殿堂入りを果たす。

「決してまだ強いチームではない」

――そういう選手をどれだけ作り出して、それを束ねて勝てるか。そこが監督・原辰徳の仕事だということですね。

「そういう人間がジャイアンツの、このユニフォームを着る人たちなんです。そういう選手じゃなければジャイアンツに入れない、ユニフォームを着れないんだ、という意識を選手たちには持ってもらいたい。そこが大事だと思いますね」

 原監督は今の巨人を「決してまだ強いチームではない」と語る。それでも選手個々に「勝つ」ということを強く意識づけ、個人ではないチームの野球、「個人軍」ではない「巨人軍」の戦いを徹底することでいま現在、セ・リーグの首位を走っている。

 そういう意味ではリーグ優勝への残る1カ月の戦いにこそ、原監督が目指すチームの真価が問われる。選手個々がリーダーシップを発揮して、それぞれがチームを引っ張っていくために、どんな働きができるのか。巨人がそんなリーダー集団たり得たとき、5年ぶりの栄冠がその頭上に輝くはずである。

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬなら鳴くまで待たず選手を替える」

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
阿部慎之助
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ