甲子園の風BACK NUMBER

甲子園にも、侍ジャパンにもいない。
京都で見た、プロ志望の逸材遊撃手。

posted2019/09/04 19:00

 
甲子園にも、侍ジャパンにもいない。京都で見た、プロ志望の逸材遊撃手。<Number Web> photograph by Yu Takagi

流れるような守備でSNS上でも話題を集めた京都国際・上野響平。甲子園出場はならなかったが、プロを目指し、今日も笑顔でボールを捌く。

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph by

Yu Takagi

「高校生のショートの中で守備は群を抜いてナンバーワンですよ」

 スカウトからこう評される遊撃手は、甲子園の土も踏んでいなければ、高校日本代表にもいない。地方大会で敗れ去った、いわゆる常連校にもいない。

 だが、その守備は圧巻だった。

 この夏、京都国際高校・上野響平の躍動をまとめた映像に目を奪われた。二遊間の当たりを難しい体勢で捕球すると、そこから体を回転させずにジャンピングスロー。また、ある当たりでは前方のゴロに勢いよく捕球まで入ると、その勢いを消さずに思いきりよく腕を振る。体の軸がブレていないから矢のような送球がファーストミットに吸い込まれていく。まるで磁石のようにボールが吸い付いていき、そして離れていくような美しいプレーの数々だった。

守備にこだわるチームって?

 チームで最も守備の上手い選手が務めることの多い遊撃手だが、高校生でこんな動きをできる選手はそうそういないように思えた。そこでスカウトに話を聞くと、冒頭の絶賛の言葉を聞くことができた。

 また別のスカウトからは「攻撃重視に野球がなっている中で、今どきあんなに守備にこだわっているチームはありませんよ」とチームの練習に対する高い評価も聞こえてきた。

 京都国際高校の練習と上野響平のプレー。その2つをなんとしてでも生で見たいと夏の甲子園開催中の8月に京都市の同校を訪ねた。

 京都駅から車で15分弱、最寄駅の東福寺駅から徒歩20分強の立地にある同校。その敷地内に野球部のグラウンドはある。

 だが、グラウンドというより「校庭」という表現が適切で、ライト側の外野部分が狭い。グラウンドも土というより、砂利。またどの場所も平坦であるわけではなく、ところどころ凸凹とした形状になっている部分もあるほどだ。

【次ページ】 今夏は府大会準優勝。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

上野響平
京都国際高校
今宮健太
源田壮亮

高校野球の前後のコラム

ページトップ