テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみ、苦しんで全米初戦突破。
前回女王が真の女王になるために。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2019/08/28 20:00

大坂なおみ、苦しんで全米初戦突破。前回女王が真の女王になるために。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

初戦突破した大坂なおみ。第1シードという立場にあるが、楽しく全米の舞台に臨めているようだ。

違う次元の重圧に明るく立ち向かう。

 しかし、今の大坂はまだプレーもメンタルも不安定だ。それを克服したから全米オープンに優勝し、全豪オープンまでも獲れたのだと皆、信じている。とはいえ、真のチャンピオンになるための経験はチャンピオンになってからしか得ることができないのだろう。

 違う次元のプレッシャーを経験し、克服して初めて得られる強さがあるに違いない。

 セリーナも、シャラポワも、女王の中の女王は皆、そうやって特別な存在になっていった。

 時に孤独を強いられる戦いだが、大坂は今、そのプロセスに明るく笑顔で取り組んでいる。練習中も、コートの上でも。

 続く2回戦の相手は世界ランク53位のマグダ・リネッテ。この日の壁を乗り越えたからといってもう安心とはいかないが、少なくともこの大事なプロセスをまだ見続けることができるのはうれしい。

関連記事

BACK 1 2 3
大坂なおみ
セリーナ・ウィリアムズ
マリア・シャラポワ

テニスの前後の記事

ページトップ