欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

リベリー加入がもたらした化学反応。
今季はフィオレンティーナに要注目!

posted2019/08/29 11:40

 
リベリー加入がもたらした化学反応。今季はフィオレンティーナに要注目!<Number Web> photograph by Uniphoto Press

昨季16位と低迷したフィオレンティーナ。若手主体のチームにリベリーはどんな変化をもたらすのか。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 8月21日、フィレンツェの街が沸いた。

 元フランス代表の名ドリブラー、フランク・リベリーがフィオレンティーナへの移籍を決めたのだ。契約は2年間。年俸と成功ボーナスも併せて450万ユーロ(約5億2000万円)が支払われるのだという。

 バイエルンに12年間所属し、チームに9回の優勝とCL並びにクラブW杯のタイトルをもたらした紛うことなき国際的スターは6月で契約を満了していた。そんな彼が新天地に選んだのはかつてのチームメイト、ルカ・トーニの古巣だった。

 翌22日、彼がプライベートジェットでフィレンツェの街に入るや大騒ぎだ。一際愛情の深いファンやメディアは、メディカルチェックが行なわれる医療センターの前に集まり、クラブハウスの前にも人だかりができた。

 リベリーが紫色のシャツに身を包んで挨拶に来れば、チャントを歌って手厚く歓迎する。22日に記者会見と急遽用意されたお披露目セレモニーがホームスタジアムのアルテミオ・フランキで行なわれると、急なプログラムにもかかわらず1万5000人のファンが集った。

イタリアの新居はグラウンド?

「ルカとは3年間一緒にいたから兄弟みたいなもんさ。何度も彼に言われたよ。『行って来いよ。綺麗な街だし、街の人たちは素敵だ。フィオレンティーナで楽しんでこい』って。だから俺は、ここにいるというわけさ。家をどこにするかって? いや、このグラウンドがあるじゃん」

 セレモニーで司会者から質問されたリベリーは、イタリア語で返答した。個人契約するフィジオセラピストもイタリア人で、日常会話程度なら大丈夫なようだ。垣根を作らない気さくな姿勢に、ファンは大歓声を上げた。

「チームを助けて上位5位には入りたい。なんなら3位以内だって目指したい。野心的なクラブに来たんだからね」

 リベリーは、そうぶち上げていた。

【次ページ】 リベリー獲得は再建計画の1つ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランク・リベリー
フィオレンティーナ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ