バレーボールPRESSBACK NUMBER

100年に1人の逸材擁する韓国も撃破!
育成実る女子バレーの未来は明るい。

posted2019/08/28 18:00

 
100年に1人の逸材擁する韓国も撃破!育成実る女子バレーの未来は明るい。<Number Web> photograph by Xinhua/AFLO

若手主体の女子日本代表がアジア選手権で優勝。準決勝では強敵韓国を、決勝ではタイを破った。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Xinhua/AFLO

 想像を超える快挙を、平均年齢19.7歳の日本代表がやってのけた。

 8月18日から25日まで韓国・ソウルで開催されたアジア選手権で、女子バレーボール日本代表が優勝した。

 2年前のフィリピン・マニラ大会に続く連覇を達成したのだが、当時は東京五輪に向けて発足し、間もなく始まるワールドカップを目指す現在のトップチームが出場して大会を制した。それに対し、今回の日本はアンダーカテゴリーの選手が大半を占め、主軸になったのは7月にメキシコで開催されたU20世界選手権を制したメンバーだ。

 そうか、若い選手がアジアで勝ったんだ。

 一見すればそれだけのことかもしれない。だがそれをあえて「快挙」と打ち出すのには理由がある。

U20世界選手権よりも価値がある。

 まず、アンダーカテゴリーとはいえ、世界を制し表彰台の頂点に立ったメンバーが、それから間もない時期に、限られた時間でチームをつくり、今度はアジアを制したこと。

 しかも今回のアジア選手権に出場した韓国、タイは、東京オリンピック出場を目指すトップチームだ、ということ。

 チームを率いた相原昇監督はこう言った。

「韓国には世界のスーパーエース、キム・ヨンギョンがいて、1人ひとりの力を比べたら遠く及ばない。でも、その正真正銘の『世界』を相手に勝った。メキシコの世界ジュニア(U20世界選手権)よりも、価値ある勝利だったと思っています」

【次ページ】 「100年に1人」の逸材相手に。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川真佑
キム・ヨンギョン

バレーボールの前後のコラム

ページトップ