Number on NumberBACK NUMBER

松元克央の快挙。
~自由形200mの銀メダルの価値~

posted2019/08/22 15:00

 
松元克央の快挙。~自由形200mの銀メダルの価値~<Number Web> photograph by AFLO

松元克央の本名は「かつひろ」だが、「かつお」と呼ばれ、ツイッターでは自ら「松元克央(かつお)」と記している。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 世界水泳選手権での日本勢は、瀬戸大也が2冠を達成するなど、一定の成果を挙げたが、歴史上の価値を考えてみると、男子200m自由形における松元克央の銀メダル獲得は、2019年の大会できわめて重要なものだった。日本は第二次世界大戦前の五輪では自由形でメダルを獲っていたが、戦後になると、五輪、世界選手権で自由形の成績は下がっていった。中でも100mと200mは、1960年のローマ五輪以降、決勝に残ることさえなかなかできなくなった。

 100mに関しては、'32年のロサンゼルス五輪で宮崎康二による金メダル、'52年のヘルシンキ五輪で鈴木弘による銀メダルなどがあったが、200mに関しては、ずっとメダルがなかった。200mは、日本がまだ五輪に出場していなかった1900年のパリ五輪で初めて行われたあと、'68年のメキシコシティー五輪で種目になるまで行われなかった。'68年以降は、ずっと欧米と豪州に押され、五輪の200mで日本勢が決勝に残ったのは2008年の北京五輪、奥村幸大が最初だった。'73年から開催されている世界選手権では、200mはずっと行われているが、前回の'17年の大会まで、日本勢のメダル獲得はなかったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1545文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

松元克央
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ