欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

欧州挑戦するサッカー選手と語学問題。
中山雄太はどう克服し、試合に出たか? 

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/20 11:40

欧州挑戦するサッカー選手と語学問題。中山雄太はどう克服し、試合に出たか?<Number Web> photograph by Getty Images

2019-20シーズンは、開幕からすでに2試合でスタメンフル出場を果たしている中山雄太。着々とそのチームでの居場所を固めつつある。

「サッカー選手としても1人の人間としても……」

「一度も試合に出れずにシーズンを終わらせることだけは絶対嫌だ」。強いメンタリティで、スタム前監督の用意した「壁」を乗り越えた中山。

 1人の日本人青年は、試行錯誤の末にそもそも「コミュニケーション」とは何なのか、その本質を掴んだのではないか。

 今では、意を決して海外の見知らぬ土地に飛び込んだことも、オランダでどんどん変わっていく自分も、完全にポジティブに捉えることができる。

「この半年間は、サッカー選手としても1人の人間としても、得られるものは多かったですね。成長を日々感じられているので、来て良かったと思います。日本とは違うものを求めてきているので、充実した日々を過ごせているとも思いますね。

 サッカー面ではもちろん、人間性という点でも、日本にいる時とは違う自分に出会って、また新たなことを知る。こっちには日本人とは違う考え方、人それぞれの考えがあるので、色々な価値観を感じながら、ズヴォレで生活できたらな、と思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
中山雄太
ズヴォレ
柏レイソル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ