野球善哉BACK NUMBER

奥川恭伸の準決勝回避を提案する。
「万全の中4日で決勝」という理想。

posted2019/08/19 12:25

 
奥川恭伸の準決勝回避を提案する。「万全の中4日で決勝」という理想。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

奥川恭伸が星稜エースであることは揺るぎない。しかし、だからこそ準決勝を回避するという手が光るのだ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「休んどけ、休んどけ」

 ベンチでは、そんな声がエースには向けられたという。

 3回戦の智弁和歌山戦で165球を投げてチームをベスト8に導いた星稜エース・奥川恭伸が準々決勝の仙台育英戦の登板を回避した。

 当然の策と言えるだろう。

 前日に165球もの球数を投じておいて、翌日も登板する可能性が議論されること自体が異常だが、甲子園ではそれが普通に起きてしまうのだから恐ろしい。

「奥川を休ませるぞと全体ミーティングで話しました。前日に奥川が頑張っていましたので、野手たちは想いを背負ってやってくれたのだと思います。ベンチの中では『(奥川は)休んでろ、休んでろ』とか。どれだけ点を取っても『まだまだいくぞ』『(この試合は)まだわからんぞ』という声が出ていました」

 プレイヤーズ・ファーストの決断を下した星稜の指揮官・林和成監督は、試合後にそう語っている。

決勝の前に休養日を作った高野連。

 試合は序盤から星稜打線が爆発。

 今大会初スタメンに抜擢した今井秀輔の3安打7打点の活躍などで、仙台育英を圧倒しての完璧な勝利だった。奥川を休養させたで勝ち進んだのだから、チームも、そして指揮官も安堵したに違いない。

 周知のように、今大会から休養日が1日増えた日程になっている。

 その1日は準決勝戦の後に設けられたので、従来のように連投で決勝戦のマウンドに上がる投手の姿を見ないで良いかもしれないのだ。昨夏も「決勝戦は明日でいいのか」と疑問を呈したが、大会日程を変えた高野連の判断は賢明だと思う。

【次ページ】 多くの学校が、ローテーションを採用。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

星稜高校
奥川恭伸

高校野球の前後のコラム

ページトップ